You Are Here: Home » コラム » マイレージ » JAL(日本航空) » リクルートポイントとPontaポイントの提携で、リクルートカードプラスが一気にメインカード候補の筆頭に JALマイラーも検討の余地あり

リクルートポイントとPontaポイントの提携で、リクルートカードプラスが一気にメインカード候補の筆頭に JALマイラーも検討の余地あり

リクルートポイントとPontaポイントの提携で、リクルートカードプラスが一気にメインカード候補の筆頭に JALマイラーも検討の余地あり

2013年5月30日に募集開始したリクルートカードプラスは、還元率2.0%と還元率No.1カードとなった(現時点でも、標準で還元率2.0%のクレジットカードは最高となっている)。還元率のインパクトは高かったが、貯まるポイント「リクルートポイント」がネックとなり、会員数は伸び悩んでいると思われる。

リクルートポイントが一番使いやすいサービスは2013年3月に開始した「ポンパレモール」だ。リクルートが運営する楽天市場のようなオンラインショッピングモールとなっている。ポンパレモールで3%のポイントを貯め、リクルートカードプラスで2%のポイントを貯める。楽天カード楽天市場Yahoo! JAPAN JCBカードYahoo!ショッピングでの還元率2%を考えると3%分も多く貯まる計算だ。楽天カード楽天市場の利用者がリクルートカードプラスポンパレモールに変更すると、4月からの増税分を取り戻すこともできるのだ。

しかし、楽天市場には約4万ショップ参加しているが、ポンパレモールは2013年5月22日時点で約520店舗。開始から2ヶ月程度のため少なくても仕方がないが、2014年4月30日に参加ショップを確認すると1,025店舗となっていた。1年で倍といえば聞こえが良いが、正直少なすぎるだろう。

参加ショップが少ないということは価格競争も少ない、さらに購入できるものも少ない。そのため、リクルートポインを貯めたとしても使い道が少ない。無駄に欲しくもない商品を買う事にもなるのであれば、合計5%分のリクルートポイントが貯まるよりも、2%だが、確実にポイントを使える楽天スーパーポイントやTポイントを貯めたほうがはるかに効率が良い。

筆者が高還元率カード特集などでリクルートカードプラスを紹介してこなかったのはこのような理由からだ。

リクルートポイントとPontaポイントの相互交換・統合は、この「ポイントの使い道が少ない」というデメリットを解消し、リクルートポイント(Pontaポイント)の価値を高めることに成功したと言えるだろう。

元々リクルートカードプラスのスペックは高い。年会費が2,000円+税で、還元率が2.0%。電子マネー「nanaco」へのチャージでポイントが付く自動付帯の海外・国内旅行傷害保険。貯まるポイントがPontaポイントになることで、死角なしのクレジットカードになる。

さらに、年会費無料で還元率1.2%のリクルートカード(VISA)は楽天Edyへのチャージでもポイントが付くクレジットカードとなっている。リクルートカードは国際ブランドが違えば、2枚保有することが可能だ。リクルートカードプラスリクルートカード(VISA)リクルートカード(JCB)リクルートカード(VISA)の組み合わせができる。この2枚を保有すると楽天Edyでもnanacoでもチャージでポイントを獲得できる。

組み合わせ 国際ブランド 保有可否
リクルートカードプラス + リクルートカード(VISA) JCB + Visa
リクルートカード(JCB) + リクルートカード(VISA) JCB + Visa
リクルートカードプラス + リクルートカード(JCB) JCB + JCB ×

リクルートカードリクルートカードプラスでPontaポイントが貯まるということは、JALマイラーにも影響が出てくるだろう。年会費無料のJMBローソンPontaカードVisaを保有しているとPontaポイントをJALのマイルに交換できる2 Pontaポイントが1 JALマイルのため交換レートは正直良くない。しかし、リクルートカードプラスの還元率が2.0%であれば、JALマイルの還元率は1.0%となる。

JALカード(普通カード)でJALカード ショッピングマイル・プレミアムに参加すると還元率は1.0%となるが、JALカードの年会費2,000円+税に加え、ショッピングマイル・プレミアムの参加費3,000円+税と合計5,000円+税と高額となる。リクルートカードプラスに加えJMBローソンPontaカードVisaの場合は年会費が2,000円+税で還元率が1.0%。完全に”陸”だけでJALのマイルを貯めるのであれば悪くない選択肢だろう。

フライトマイルの加算があったり、WAONも使うのであれば、メインカードはJALカード(普通カード)でショッピングマイル・プレミアム加入。サブカードとしてリクルートカード(JCB)リクルートカード(VISA)JMBローソンPontaカードVisaもおすすめだ。JALカード(普通カード)をメインカードにし、WAONを利用できる店舗であればJALカードでチャージしたJMB WAONを利用。リクルートカード(JCB)でnanacoチャージ、リクルートカード(VISA)で楽天Edyチャージをすれば、大部分の電子マネーに対応可能で、チャージ分のポイントもJALマイルに移行可能となる。

リクルートカード(JCB)リクルートカード(VISA)は電子マネーチャージ用と考えると、一度関連付けておけば財布に入れる必要はないクレジットカードだ。メインカード(JALカード(普通カード)またはリクルートカードプラス)とPontaカードとしてJMBローソンPontaカードVisaを財布に入れるのが効率的だろう。

パターン1 パターン2
メインカード JALカード(普通カード)+ショッピングマイル・プレミアム リクルートカードプラス
サブカード リクルートカード(JCB)
リクルートカード(VISA)
JMBローソンPontaカードVisa
リクルートカード(VISA)
JMBローソンPontaカードVisa
年会費 5,000円+税 2,000円+税
マイルの還元率 0.6?1.0% 0.6?1.0%
対応電子マネー WAON、nanaco、楽天Edy nanaco、楽天Edy
メリット JALカード特約店、WAONマイル特約店を利用可能
フライトマイルの優遇
初回搭乗時に入会・継続マイル獲得可能
年会費が安い
マイルへの交換まで有効期限は気にしなくて良い
(Pontaポイントは付与・利用があってから1年間の有効期限)

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 1001

© 2013 ポイ探

Scroll to top