クレジットカード特集 コラム プラチナカード

プレミアムフライデーでシャングリ・ラ ホテル東京に行ってきた アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードに付帯するゴールデンサークルのジェイド会員のメリットとは?

2017年2月24日(金)は第1回目のプレミアムフライデーだった。弱小企業のポイ探でもプレミアムフライデーのロゴを申請して、15時で仕事を終了。

今回は、25日(土)に長男がスキーに行くために朝早くから東京駅を利用することから、東京駅近辺で宿泊施設を探すことにした。

東京駅近辺のホテルを探していてピンときたのがシャングリ・ラ ホテル東京。アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードでシャングリ・ラ ホテルのゴールデンサークル「ジェイド会員」が自動付帯するようになっているため、こちらの特典を使ってみようと考えた。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのホテルメンバーシップ特典に「シャングリ・ラ・ゴールデンサークル」ジェイド会員が追加

先日、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードに加えて、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを申し込んだ。アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードを利用していたが、若干サ ...

続きを見る

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの追加特典、シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツのゴールデンサークル「ジェイド」会員カードが到着

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードには、ホテルメンバーシップの上級会員特典が付帯する。新たにシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツのゴールデンサークル「ジェイド」会員が付帯することになったため早速 ...

続きを見る

ゴールデンサークルとは?

どのホテルでも会員プログラムがあり、シャングリ・ラ ホテルの場合は「ゴールデンサークル」となる。ゴールデンサークル会員になると、自動的に「ゴールド会員」となる。

1年間(1月?12月)でシャングリ・ラ ホテル、リゾート、トレーダース ホテル、ケリー ホテルまたはホテル ジェンでの滞在数に応じて、ジェイド会員、ダイヤモンド会員と会員レベルがアップしていき、それぞれの会員の特典を利用できるようになる。

それぞれの会員特典を比較した。

ゴールド会員 ジェイド会員 ダイヤモンド会員
資格達成基準 1年間で対象ホテルを対象料金で20泊または10回滞在 1年間で対象ホテルを対象料金で50泊または25回滞在
ポイント ホテル滞在1米ドルにつき1ポイント
ボーナスポイント 25% 50%
事前登録による簡単チェックイン
特別エリアでの優先チェックイン/チェックアウト
ホライゾン/トレーダースクラブラウンジまたはゲストルームでのチェックイン
客室アップグレード 次のルームカテゴリーへのプライオリティルームアップグレード(予約の客室を用意できなかった場合)
ウェルカムアメニティ 3つまで 3つまで(赤・白ワインを含む)
アーリーチェックイン(通常15時) 11時から 8時から
レイトチェックアウト(通常12時) 16時まで 18時まで
同室者の宿泊無料と朝食無料 カフェレストランまたは指定レストラン カフェレストランまたはホライゾン/トレーダースクラブラウンジ
ホライゾン/トレーダースクラブラウンジの利用
滞在時以外のコンシェルジュサービス
チェックイン前の客室保証 72時間前まで 48時間前まで
スーツプレス(1着)
リゾート施設の無料利用

客室の無料アップグレードは、客室の確保ができなかった場合のみとなるため、それほど期待しないほうが良いかもしれない。アーリーチェックイン、レイトチェックアウトがジェイド会員・ダイヤモンド会員のメリットと言えるだろう。

ゴールデンサークルのジェイド会員を維持するには?

ジェイド会員になるには、対象ホテルを対象料金で20泊または10回滞在が必要となる。維持するのも同じ条件だ。

しかし、日本国内のシャングリ・ラ ホテルは東京のみとなるため、世界中で宿泊するような人でなければジェイド会員を維持するのは難しいのではないだろうか。

この、ジェイド会員が自動付帯するクレジットカードがアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードとなる。アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのwebサイトで、申請するとジェイド会員の会員証が郵送されてくる。シャングリ・ラ ホテルのwebサイトでもジェイド会員の確認は可能だ。

ゴールデンサークルのジェイド会員で実際に滞在してみた

今回は、プレミアムフライデーということで、15時終了のためアーリーチェックインの確認はできなかった。チェックイン時にはレイトチェックアウトが可能か聞いてみたところ、混んでいるため13時でどうでしょうかということで、13時まで滞在することにした。16時まで滞在できれば、ほぼ1日利用できるはずだが仕方がない。

予約した部屋はクラブフロアを利用できる部屋で、チェックインやチェックアウトもクラブラウンジを利用した。

クラフラウンジでは、フレッシュメロンジュースなど、子どもたちも大人気だ。朝食時はフレッシュパイナップルジュースの用意もある。

チェックイン時には、子供用のバッグが渡され、中にはぬいぐるみとスリッパ、歯ブラシが入っていた。可愛いぬいぐるみで、子どもたちも大喜び。

ジェイド会員やダイヤモンド会員の場合は、予約した部屋がない場合のみアップグレードとなっているため、部屋のアップグレードはなかった。

ジェイド会員の場合は、チェックイン時に3つまでのアメニティを選べるため、ウェルカムフルーツとペリエ、お菓子をお願いした。

夕食はなだ万で。

朝食のレストランは6:30からだがスキーに行く長男は6時頃には出発したい。そこでルームサービスは6時からとなっているが、それよりも前にお願いできるか確認したが、何時でも問題ないということで早めに持ってきてもらった。

ゴールデンサークルのジェイド会員とファイン・ホテル・アンド・リゾートはどちらがおトク?

今回は、シャングリ・ラ ホテル東京を予約する際、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのファイン・ホテル・アンド・リゾートで予約するか、直接予約するか迷った。

ファイン・ホテル・アンド・リゾートの場合は、それぞれのホテルで異なるが、シャングリ・ラ ホテル東京の場合、チェックイン時の空室状況により1ランク上の部屋にアップグレード、チェックイン時の客室状況により12時からチェックイン、滞在中の朝食を2名までサービス、16時までのチェックアウト、館内で利用代から100米ドル相当の割引となっている。

2月24日(金)の宿泊予約の検索結果を保存しておくことを忘れたため、次のプレミアムフライデーの3月31日(金)でシャングリ・ラ ホテルの直接予約とファイン・ホテル・アンド・リゾートでの予約を比較した。ルームタイプはホライゾンクラブ デラックスルームとなる。

シャングリ・ラ webサイトで予約 ファイン・ホテル・アンド・リゾートで予約
料金 127,084円(税・サービス料込) 149,640円(税・サービス料込)
部屋のアップグレード 予約した客室を用意できなかった場合のみ1ランク上の部屋にアップグレード 空室状況により1ランク上の部屋にアップグレード
アーリーチェックイン 11時から 空室状況により12時から
レイトチェックアウト 16時まで 16時まで
朝食無料 2名まで無料 朝食を2名までサービス
館内での割引 100米ドル相当

ファイン・ホテル・アンド・リゾートの場合は館内利用代金から100米ドル相当の割引があるが、それでも1万円以上webでの直接予約が有利と判断したため、直接予約した。

宿泊後に、この記事を書いているが、色々調べていると、ジェイド会員の特典で細かな条件が書かれていることが判明。ジェイド会員の場合、アーリーチェックインとレイトチェックアウトの利用は可能だが、なんとシャングリ・ラ ホテル 東京は対象外であった。今回、13時までのレイトチェックアウトは仕方がないと思っていたが、親切で対応してくれたということだった。

これらのアーリーチェックイン、レイトチェックアウトの例外ホテルや、部屋のアップグレードの可能性ことを考えると、ジェイド会員よりもファイン・ホテル・アンド・リゾートでの予約のほうが良いのかもしれない。

ホテル会員プログラムの上級会員のほうが有利になる場合が多いのだが、シャングリ・ラ ホテル東京だけでで考えると、ファイン・ホテル・アンド・リゾートと非常に迷うところだろう。金額だけで考えるのであれば、ホテル会員プログラムを活用し、アップグレードなどの特典の可能性を考え、スパやレストラン利用があるのであればファイン・ホテル・アンド・リゾートでの予約が良さそうだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, プラチナカード
-, , , ,

© 2021 ポイ探ニュース