You Are Here: Home » コラム » マイレージ » JAL(日本航空) » JALの法人向け出張サポートサービス「JALオンライン」とは?

JALの法人向け出張サポートサービス「JALオンライン」とは?

JALの法人向け出張サポートサービス「JALオンライン」とは?

JALには法人向け国内出張サポートサービス「JALオンライン」がある。導入費、使用料、年会費がかからずに利用でき、専用運賃の「eビジネス6」の利用が可能だ。

このeビジネス6がどのくらい安いのかが不明のため、法人向けの「JALオンライン」を申し込むことにした。

JALオンラインを申し込む際に便利なのが、法人カードやビジネスカードだ。今回利用したのはアメックスのビジネス・カードとなり、「アメリカン・エキスプレス JALオンライン」に申込が可能だ。

JALオンラインの申込方法は?

JALオンラインの申込はオンラインで行うことができず、登録申込書のダウンロードが必要だ。

まず、ビジネス・カードの特典一覧ページにアクセスする。「アメリカン・エキスプレス JALオンライン」にある「登録申込書(PDF)」をダウンロードしよう。

登録申込書には、会社名、管理責任者(カード会員)、JALオンライン利用管理者を記入する必要がある。管理責任者とJALオンライン利用管理者は同じであれば、一方だけの記述だけで良い。

封筒の宛先も印刷できるため、封筒に貼り付けて、申込書を同封して送ればOKだ。

JALオンラインの初期設定は?

「JALオンライン利用開始の案内」がメールで送られる。PDFを開くと、社員登録用URLがあるため、まずは社員を登録しよう。

続いて、JALオンラインログインページより、JALマイレージバンクのお得意様番号と、社員登録時に発行された仮パスワードでログインする。パスワード変更画面が表示されるため、パスワードを変更すれば、JALオンラインにログイン可能だ。

なお、社員が複数いる場合は、どんどん登録していった方が良い。新規利用者向けに、国内線サクララウンジを1回無料で利用できるクーポンを獲得できる特典があり、登録可能日から翌月20日までに登録した場合にプレゼントとなるため、早めに登録した方が良い。

JALオンラインの「eビジネス6」などは安いの?

最初の疑問である、「eビジネス6」について調べることにした。例えば、2019年4月27日(土)の東京(羽田)⇒札幌(新千歳)を検索してみる。ビジネスチケットとしては「eビジネス6」と「JALビジネスきっぷ」が表示される。

通常のJAL国内線予約サイトではJALカード会員向けの「ビジネスきっぷ」のみの表示で、「eビジネス6」は表示されない。

では、「eビジネス6」とJALカード会員向けの「ビジネスきっぷ」を比較して見よう。

クラス JALオンライン JAL国内線予約サイト JALオンライン JAL国内線予約サイト
eビジネス6 JALビジネスきっぷ ビジネスきっぷ(JALカード限定)
JAL501 クラスJ 38,060 39,060 32,860 32,860 33,860
普通席 38,060 38,060 32,860 32,860 32,860
JAL503 ファーストクラス 46,060
(空席待ち)
46,060
(空席待ち)
40,860
(空席待ち)
× 40,860
(空席待ち)
クラスJ 38,060 39,060 32,860 32,860 33,860
普通席 38,060 38,060 32,860 32,860 32,860
JAL505 ファーストクラス 46,060 46,060 40,860 40,860 40,860
クラスJ 38,060
(空席待ち)
39,060
(空席待ち)
32,860
(空席待ち)
× 33,860
(空席待ち)
普通席 38,060 38060 32860 32,860 32,860
JAL507 クラスJ 38,060
(空席待ち)
39,060
(空席待ち)
32,860
(空席待ち)
× 33,860
(空席待ち)
普通席 38,060 38,060 32860 32,860 32,860
JAL509 ファーストクラス 46,060 46,060 40,860 40,860 40,860
クラスJ 38,060
(空席待ち)
39,060
(空席待ち)
32,860
(空席待ち)
× 33,860
(空席待ち)
普通席 38,060
(空席待ち)
38,060
(空席待ち)
32,860
(空席待ち)
× 32,860
(空席待ち)

JALオンラインの「JALビジネスきっぷ」も「eビジネス6」も金額は同じとなるが、eビジネス6の場合は満席時でも空席待ちができる。また、JAL国内線予約サイトの「ビジネスきっぷ」はファーストクラスと普通席は同じ料金となり、空席待ちも同じだ。大きな違いはクラスJとなり、eビジネス6の場合は普通席とクラスJの料金が同じとなる。これは2019年10月26日(土)までのキャンペーンとなっているが、長い間継続されているキャンペーンで、通常1,000円アップとなるクラスJの座席が普通席と同じ料金で予約可能だ。

なお、eビジネス6、JALビジネスきっぷ、ビジネスきっぷの利用条件は以下の通り。

eビジネス6

JALオンライン(法人向け出張サポートシステム)契約者専用運賃。JALオンラインで予約・発券する場合に利用可能。

JALビジネスきっぷ

JALオンライン(法人向け出張サポートシステム)契約者が、有効期間内に同一路線を2回(往復利用、同一方向2回のいずれも可能)搭乗する場合で、JALオンラインで予約・発券する場合に利用可能。

ビジネスきっぷ

JALカード(クレジット機能付き)会員本人が、有効期間内に同一路線を2回(往復利用、同一方向2回のいずれも可能)搭乗する場合に利用可能。

条件を確認すると、JALビジネスきっぷ、ビジネスきっぷの条件は同一路線を2回利用する必要があるが、eビジネス6は条件が緩くなっている。それでいてクラスJが普通席と同じ料金で利用できるため、おトクといえる。

新規入会でサクララウンジを1回利用できるクーポンプレゼント

上の方でも書いたが、JALオンラインに新規入会すると、利用開始特典としてJAL国内線サクララウンジ(羽田、新千歳、福岡空港)を1回無料で利用できるクーポンがプレゼントされる。

JALオンラインの利用開始可能日から翌月20日までに社員登録した方のアカウントに対して送信される。

6カ月間の期間中に10回以上利用するとサクララウンジを5回利用できるクーポンプレゼント

また、JALオンラインを2018年9月から3月までの6ヵ月間で10回以上搭乗すると、羽田・新千歳・福岡空港のJAL国内線サクララウンジを5回利用できる電子クーポンがプレゼントされる特典もある。

出張でJALを利用するのであれば、JALオンラインはお得だろう。クラスJを利用しても料金が変わらない。登録料等も無料のため、ビジネスカードを保有している場合は申し込んだ方が良いだろう。もちろん、それ以上安い料金がある場合は、わざわざeビジネス6の料金を使う必要はない。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 918

© 2013 ポイ探

Scroll to top