ジャパンネット銀行がPayPay銀行に サイトデザインやサービス名が変更

コラム デビットカード

ジャパンネット銀行がPayPay銀行に サイトデザインやサービス名が変更

ジャパンネット銀行は、2021年4月5日(月)より、PayPay銀行に変更となった。

サイトタイトルは「PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)」と表示されており、「楽天銀行(旧イーバンク銀行)」を同じようにしばらくはこのままの表記になるのではないだろうか。

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)

また、従来の青い画面からPayPay色の赤い画面に変更されている。

PayPay銀行のログイン後

PayPay銀行のログイン後

それぞれ、ジャパンネット○○やJNB○○などのサービス名も変更となり、「JNB Visaデビットサービス」は「Visaデビットカード」、ポイントプログラムの「JNBスター」は「スター」となる。

また、アプリも「PayPay銀行」に変更だ。

PayPay銀行アプリ

PayPay銀行アプリ

ジャパンネット銀行がPayPay銀行に変わったことで、旧ジャパンネット銀行利用者側は特に何も使い方は変わらない。銀行コードが変更されるわけではないため、自動的に銀行名を読み替えてくれる場合もあるが、4月5日(月)以降も「ジャパンネット銀行」として登録されている場合は「PayPay銀行」として登録し直すのが良いだろう。

PayPayにジャパンネット銀行を登録していた場合はPayPay銀行に自動移行

PayPayにジャパンネット銀行を登録していた場合はPayPay銀行に自動移行

なお、Visaデビットカード番号は変わるわけではないため、自動引落しとして設定していたとしても、特に何も変更する必要はないはずだ。

最近は銀行口座とポイントプログラムの連携も増えており、今後はPayPay銀行の「スター」を拡充し、「スター」⇒「PayPayボーナス」や「PayPayマネーライト」への移行、Visaデビットカードの利用や口座引落などでPayPayボーナスが貯まるサービスなどが追加されていく可能性もあるだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, デビットカード
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース