JAL(日本航空) コラム マイレージ 外資系航空会社

スペインのグルーポンでイベリア航空のマイルを購入 買ったマイルでJAL便に乗ろう!

2016年7月13日

マイルは本来、飛行機に乗った際の「おまけ」であるわけだが、筆者のようなマイレージマニアになると「マイルをお金で買う」といった本末転倒のようなこともよく実行している。

今回、スペインのグルーポン(日本にもある、クーポン販売サイトのスペイン版)で、マイレージが販売されており、購入したので、その詳細をお伝えしたい。

スペインのグルーポンでマイル購入

現在、イベリア航空のマイレージ(イベリア航空では、マイルといわずにAviosと呼ぶ)が販売されている。

販売価格だが、

2,000 Avios - 19? (65% ディスカウント)
4,000 Avios - 49? (46% ディスカウント)
8,000 Avios - 99? (40% ディスカウント)
12,000 Avios - 149? (37% ディスカウント)
20,000 Avios - 259? (33% ディスカウント)

となっている。

一般的には、大量に買う方が単価が安くなるものだが、なぜかここでは少量のマイルを買う方がディスカウント率が高くなっている。

最も安い、2,000マイル(Avios)を購入すると、19ユーロとなる。現在のレートだと、2,200円を切るくらいなので、なんと、1マイル(Avios)あたり1.1円という単価で購入できてしまう。

4,000マイル(Avios)の場合でも、49ユーロ(約5,500円)なので、1マイル(Avios)あたりの単価は1.375円となり、かなり安い単価でマイル(Avios)を手に入れることができる。

筆者も、2016年4月に、合計22,000マイル(Avios)を購入した。また、今回は、2,000マイル(Avios)を購入した(*先方の加算漏れがあり、一部は2016年5月の日付で加算されている)。

手に入れたAviosをどうやって使うか?

常々、筆者のコラムでも言及しているが、マイルは貯めるより使う方が難しい。

格安でマイル(Avios)を手に入れることができたとしても、「いったい、スペインの航空会社のマイルなんてどうやって使えばよいのか?」と思う方も多いのではないだろうか。

今回のケースでは、日本に住んでいる人にとってもっとも手軽な使い方としては、ブリティッシュ・エアウェイズのマイルに移行する、という方法がある。

イベリア航空と、ブリティッシュ・エアウェイズ間では、マイル(Avios)の移行が可能となっているため、イベリア航空で購入したマイル(Aviso)をブリティッシュ・エアウェイズに移行する。その上で、ブリティッシュ・エアウェイズのマイル(Avios)を使って、おなじワンワールドグループのJALの航空券をとる、といった方法である。ブリティッシュ・エアウェイズのマイルを使ってJALの航空券を予約する場合、飛行距離650マイル以下の特典航空券は、片道たったの4,500マイル(Avios)でとることができる。

たとえば、羽田-鹿児島、羽田-札幌といった国内線はもちろん、成田?プサンといった国際線も、たったの4,500マイル(Avios)で取ることが可能となっている。

売り切れるケースもあるが・・・

今回のグルーポンにおけるマイル(Avios)販売だが、特に単価の良い少額マイルの販売は、早々に売切れてしまう可能性も高い。その場合でも、このマイル(Avios)販売は、年に数回の頻度で行われているようなので、買えなかった方は次回に期待すると良いだろう。筆者の記憶では、前回は2016年の4月ごろ、その前は2014年の12月ごろに同様のマイル(Avios)販売が実施されていた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

IT系の会社に勤めるサラリーマンです。 2006年頃からマイレージに興味を持ち、最初はJAL/ANAで、マイルを稼ぐために飛行機に乗る、いわゆる”マイル修行僧”をやっていました。その後は、マイル・ポイントを貯めるためにホテルに泊まるという、”ホテル修行”を始め、多いときは年間100泊近くホテルに泊まっていたりもしました。 現在はクレジットカードやポイントサイトに興味を持ち、様々な方法でマイル・ポイントを稼いでいます。クレジットカード保有枚数は32枚です。また、最近はマイレージの貯め方などのセミナーも実施しています。 以前、ポイントマニアとして何度かテレビに出たこともあります。(ガイアの夜明けや、がっちりアカデミーでデンジャラスのノッチさんと共演等。)

-JAL(日本航空), コラム, マイレージ, 外資系航空会社
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース