ANA(全日本空輸) コラム マイレージ

ANA特典航空券、マイル制からゾーン制への移行についての考察 東京-沖縄が15,000マイルでの利用も可能に

ポイ探ユーザーの方なら、2015年4月12日発券分からANAマイルにてANA特典航空券および提携航空会社特典航空券を取得する場合の必要マイル数が変更になった事はご存じであろう。改正の主なポイントは、「飛行距離制」から「ゾーン制」への変更で、ANAのWebサイトには「国際線特典航空券がますますご利用しやすくなります」と記載されていた。では、この変更によって特典航空券の取得がどのように変わったのか、筆者の経験を元に具体的に記述してみたい。

筆者は、旧制度のもと、今年のゴールデンウィークに韓国とウズベキスタンを、スターアライアンスの特典航空券を利用して旅をした。実際に利用したのはアシアナ航空であるが、「羽田⇒関空⇒ソウル⇒タシュケント⇒ソウル⇒成田」という行程で、エコノミークラス利用、一人43,000マイルであった。

※この件の詳細に関しては、ポイント探検倶楽部に寄稿の拙著コラム「繁忙期のゴールデンウィークやお盆でも特典航空券でおトクに旅行する方法とは?」(2015年5月14日掲載)をご覧いただきたい。

さて、同じ行程で何マイ必要かを調べるために、オペレーターを通して予約をお願いしてみたところ、「済みません。何故か発券出来ません」と言う答えが返ってきた。その訳を調べていただくと、Webサイトの「ご利用条件4」に記されているルールに抵触するらしいのだ。すなわち「 出発地からの必要マイル数がより高いゾーンの都市を乗り換え地点にすることはできません」というルールに引っかかるのである。

ANAホームページのチャート表では、日本から中央アジアまでの必要マイル数は、エコノミークラスの場合、38,000マイルとなっている。これに比べ、より距離の短い「ソウル⇔中央アジア」の必要マイル数が48,000マイルに設定されている。よって「ご利用条件4」のルールに引っかかり、このルートの発券は出来ない。ではどうすれば良いのかと言うと、「日本⇔ソウル」「ソウル⇔中央アジア」という2つの航空券に分けて発券しなければならない。この場合、日本⇔ソウルが15,000マイル(エコノミークラス)、ソウル⇔中央アジアが48,000マイル(同)となっているため、合わせて63,000マイルが必要となる。

ANA国際線のご利用条件4

この「ご利用条件4」は、かなりの“改悪”を生みだしているルールである。例えば、韓国や中国を経由してヨーロッパに行くルートが同様の制約を受ける。また、中東のアブダビを経由してヨーロッパに向かうルートもこの制約を受ける。エティハド航空を利用して、アブダビ経由でパリまで向かうとなると、70,000(日本⇔中東)+40,000(中東⇔欧州)=110,000マイルが必要になる。今や、中東経由のヨーロッパ便は、エミレーツ航空やカタール航空なども競い合っており、そのサービスの質、アクセスの良さなどからメインルートになりつつあるだけに、今回のルール変更は大変残念だ。

一方で、今回のルール改訂では「日本発・海外発ともに途中降機は、目的地以外に往路・復路いずれか1回可能です」という記述がある。筆者の記憶では、以前のルールでは、日本国内での途中降機(24時間を超えての滞在)は出来なかったと認識している。

このルールを適用すると「東京⇒沖縄⇒ソウル⇒大阪⇒東京」というような発券の仕方が可能になる。往路の沖縄か復路の大阪の何れかは乗継(24時間以内の滞在)である必要があるが、実際にANAのWebサイトで入力してみたところ、上記の航空券の必要マイル数は、レギュラーシーズンの日程の場合、15,000マイルと表示された。

ANA国際線特典航空券は東京-沖縄-ソウル-大阪-東京でも15,000マイルで可能に

ここで重要なポイントが2つある。一つは15,000マイルという極めて少ないマイル数で、沖縄旅行が出来るのだ。「東京⇔沖縄」の国内線特典航空券取得に必要なマイル数は、ハイシーズンだと21,000マイルだ。これが、ソウルに立ち寄る事により、国際線の特典航空券扱いになり、ハイシーズンでも18,000マイルで、韓国に立ち寄った方が“おトク”になる。

もう一つ重要なポイントは、国内線の特典航空券の場合、予約可能なのが2ヶ月前なのに対し、国際線特典航空券は330日前である。すなわち、ソウルに立ち寄る事により、はるかに前の時点で沖縄行きの特典航空券を手に入れる事が出来るのだ。

話を一番最初に戻そう。

今回のANAの「マイル制からゾーン制」へのルール変更に関しては、ANAマイラーにとっては改悪の面が多い。更にルールがとても複雑で、Webサイトのユーザーインターフェイスも良くないので、使い勝手は非常に悪くなった。

一方で、上記に記載したような発券も可能であり、これはもしかするとルールの抜け穴かも知れない。このような「抜け穴」にはすぐにフタをされてしまう可能性もあるが、ポイ探ユーザーとしては、新ルールを熟読し、よく理解して、賢く立ち回りたいものである。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

diegosuarez

これまでに、南極を除く世界6大陸、40か国以上を訪問。マイルは旅を快適にする手段と心得、国内線や近距離の国際線はチケットを購入しマイルを貯め、長距離ビジネスクラスの特典航空券取得を目標としています。JAL、ANAのマイルを効率的に貯めるためには、クレジットカードの会費など、ある程度の出費は厭いません。年間、旅にかける費用はかなりの額になるので、それらのコストは旅の費用の一部と考えています。海外旅行の際は、航空会社、使用機材に至るまでこだわる、航空マニアでもあります。

-ANA(全日本空輸), コラム, マイレージ
-, , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース