ANA(全日本空輸) コラム テクニック マイレージ

「旅」に関連してマイルを貯めるなら、最初に「ネットマイル」をチェック!

2015年9月3日

マイラーの方なら実感している人も多いと思うが、インターネット経由でホテルや航空券を予約したり、レンタカーを申し込んだり、更には感想や旅行記を口コミしたりすると、ポイントが貯まるサービスが数多く存在する。こういった行動を起こす際に、直接サイトにアクセスしない事が重要である。

具体的な例を示そう。例えば「楽天トラベル」でホテルを予約する際、楽天トラベルに直接アクセスすると、楽天ポイントとカード決済のポイントが付くのみだが、仮に「ライフマイル」を経由して楽天トラベルを訪問すると、上記に加えてライフマイル(ポイント)を獲得できる。

ちなみに、このライフマイルの還元率は現在1%である。すなわち、10,000円の宿泊予約をすると1,000ライフマイル(ポイント)が別途得られ、これは100円(1%)に相当する。

ライフマイルはPeX⇒メトロポイントと経由してANAマイルに移行すると、ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)所持者の場合、1,000ライフマイル(=1,000PEX)を90ANAマイルに交換できる。

さて、ポイントサイトで「ネットマイル」というサイトがあるが、今年リニューアルしてから現在に至るまで、「旅関連サービス」に、とてもに力を入れている。

より具体的に説明すると、ネットマイルのサイトを経由して旅関連のサービスを利用した場合、かなりの高率だったり高額なネットマイルを貯めることが出来るのだ。

例をあげて示してみよう。ネットマイルを貯めるサイトが「すぐたま」とリニューアルされた。「すぐたま」の左側下方にあるメニューの「全カテゴリ」から「旅行」をクリックすると、かなり豊富なサービスメニューが表示される。

例えば、「一休.com」の場合、現在一予約に付き1,000ネットマイルのキャンペーンが開催されている。1,000ネットマイルは、メトロポイント経由で450ANAマイルに移行可能である。「Gポイント」が「一休.com」で一予約に付き150G(=135ANAマイルに移行可能)なのと比べても破格な数字である事が分る。

また「yoyaQ.com」は、ほとんどのポイントサイトで還元率1%であるのに、ネットマイルの場合、倍の2%還元である(HP上では4%還元と謳っているが、ネットマイルの場合、1マイル=0.5円換算なので実質2%となる)。

更には、ホテル予約サイト「アップルワールド」への口コミでマイルが付与されるキャンペーンが実施中であり、旅の口コミサイト「地球の歩き方ホームページ」への投稿でも月間最大25,000ネットマイルが付与される。

これらの数字はサイトリニューアルに伴うキャンペーンの一環と想定され、未来永劫に続く保証はないが、少なくとも現状は、旅関連のサービスをネット経由で申し込む場合、最初にネットマイルをチェックするだけの価値はあると筆者は考える。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ディエゴスアレス

diegosuarez

これまでに、南極を除く世界6大陸、40か国以上を訪問。マイルは旅を快適にする手段と心得、国内線や近距離の国際線はチケットを購入しマイルを貯め、長距離ビジネスクラスの特典航空券取得を目標としています。JAL、ANAのマイルを効率的に貯めるためには、クレジットカードの会費など、ある程度の出費は厭いません。年間、旅にかける費用はかなりの額になるので、それらのコストは旅の費用の一部と考えています。海外旅行の際は、航空会社、使用機材に至るまでこだわる、航空マニアでもあります。

-ANA(全日本空輸), コラム, テクニック, マイレージ
-, ,

© 2020 ポイ探ニュース