コラム 共通ポイント

東電、Tポイント導入で共通ポイントカードの排他契約は終了か ポイントカードは新たなステージへ

2015年5月8日(金)に東京電力は電気料金の支払いでPontaポイントが貯まるサービスを開始すると発表した。その東京電力がTポイントも導入するというニュースが2015年5月17日の日経新聞に掲載されている。

つまり、東京電力の利用者は貯まるポイントをTポイントかPontaポイントかを選択できるようになるということだ。

先日、ローソンでドコモのポイントカード「dポイントカード」が2015年12月より使えるようになると発表があったが、実はこの発表は「ドコモがdポイントカードを発行する」ということよりも、共通ポイント加盟店で「利用者が貯めるポイントを選べるようになる」ということの方が大きい。

今回、東京電力がTポイントとPontaポイントの選択式にしたということは、今後もこのようなポイントカードの選択式加盟店が増えてくるということになる。

ポイントカードの開始は、お客さんの囲い込みにあった。しかし、共通ポイントカードの登場で、ポイントは囲い込みから相互送客が目的となる。既に数千万人も利用者がいるお店では、新しい利用者を獲得するのは大変だ。それぞれのお客さんを送り合えば、重複利用者がいたとしても、メリットは大きい。共通ポイントカードが伸びてきたのは加盟店のニーズにマッチしていたからだろう(「今さら聞けない共通ポイント Tカード(Tポイント)、Pontaカード(Pontaポイント)、Rポイントカード(楽天スーパーポイント)の歴史から徹底比較」参照)。

しかし、共通ポイントカードが選択式になると、相互送客と言う意味合いも変わってくる。囲い込みのためのポイント、相互送客のためのポイントではない新しい使い方が考えられなければならない時期に来ているだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース