You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの取得で、SPGアメックスとアメリカン・エキスプレス・カードを解約 デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを申し込み

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの取得で、SPGアメックスとアメリカン・エキスプレス・カードを解約 デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを申し込み

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの取得で、SPGアメックスとアメリカン・エキスプレス・カードを解約 デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを申し込み

先日、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードを取得した。筆者はアメリカン・エキスプレス・カードスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(以下SPGアメックス)を保有していたが、アメリカン・エキスプレス・カードSPGアメックスを解約した。

アメリカン・エキスプレス・カードで貯めたポイントが20万ポイント近くあったが、他のクレジットカードで家族分のマイルは十分賄うことができていたためにマイルへの交換は行っていない。従って、マイルの交換レートが1:1に上がる参加費3,000円(税抜)のメンバーシップ・リワード・プラスは申し込んでいない(通常1ポイント=0.5マイル交換)。しかし、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの場合はメンバーシップ・リワード・プラスの加入が無料だ。アメリカン・エキスプレス・カードからアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードにポイントを移動し、解約した。

また、SPGアメックスを解約した理由は、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードにはSPGゴールド会員資格が付帯している。その他、ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド(リーダーズクラブ)、カールソン レジドール ホテルズ(クラブ・カールソン ゴールド・エリート)、アコーホテルズ(ル クラブ アコーホテルズ プラチナ)の上級会員も付帯する。
⇒スターウッドでの上級会員特典は「SPGアメックス保有者サービスの「ゴールド会員資格」 本当に部屋をアップグレードしてくれる?」を参照

ホテル 会員ステータス
スターウッド・ホテル&リゾート SPGゴールド会員
ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド リーダーズクラブ
カールソン レジドール ホテルズ クラブ・カールソン ゴールド・エリート
アコーホテルズ ル クラブ アコーホテルズ プラチナ

SPGアメックスは非常におトクなカードだが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードと付帯サービスが重複しているのだ。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードにはフリー・ステイ・ギフトもあり、年会費を払った後に1泊分の無料宿泊特典がある。宿泊可能なホテルはハイアット リージェンシーやヒルトン・ワールド・ワイドなど幅が広い。スターウッド系列のホテルの1泊無料サービスの付いているSPGアメックスとサービスはかぶり、スターウッド系列に縛られないアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの方が汎用性は高いだろう。
⇒それ以外の特典は「海外に行かない人のための「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」 国内での利用だけでもおトク度満載」を参照
⇒SPGアメックスの1泊無料宿泊特典については「SPGアメックスのクレジット継続時の無料宿泊特典を利用してみた 無料宿泊特典でもSPGゴールドは威力を発揮する?」を参照

さらに、SPGアメックスは家族カードを保有している家族にはSPGゴールド特典は付帯しない。しかし、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの場合は、家族カードや追加カードだとしてもザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド以外の上級会員は付帯する。

中小企業オーナーであれば、社員の福利厚生としてアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードを保有するという事も良いだろう。追加カードは4枚まで無料。追加カードを保有する社員にもホテルの上級会員が付帯し、社員がコンシェルジュサービスを利用することも可能だ。

もちろん、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの家族カードでも同じで、家族カードでもホテルの上級会員は付帯する。ちなみに、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードとアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの違いはほとんどなく、引き落とし口座に法人口座を指定できる、家族カードではなく追加カードとなる事くらいで、サービスについては全く同じと言って良い。

2つのカードを解約したことにより、年間12,000円(税抜)、31,000円(税抜)の出費が無くなった。代わりに、デルタ航空の上級会員ゴールドメダリオンが付帯するデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを申し込んだ。年会費は26,000円(税抜)となり、それでも年会費は安くなる。

クレジットカードを解約したのはポイ探を開始してから初めてとなる。最近はプレミアムカードの申し込みが増え、年会費が70万円以上になっており、さすがに整理することにした。ただし、今後もおトクなクレジットカードが有ればどんどん申し込むつもりだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 970

© 2013 ポイ探

Scroll to top