You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 楽天カードはカードの組み合わせで2枚持ちが可能! 2枚持ちのメリットは?

楽天カードはカードの組み合わせで2枚持ちが可能! 2枚持ちのメリットは?

楽天カードはカードの組み合わせで2枚持ちが可能! 2枚持ちのメリットは?

基本的に楽天カードは複数所有ができない

楽天カードは基本的にどれか1つのカードを選ばなければならない。例えば、YOSHIKIデザインカードを保有したい場合は、一度カードの退会を行い、再度YOSHIKIデザインカードを申し込む必要がある。

また、通常の楽天カードと楽天ANAマイレージクラブカードや楽天銀行カードの2枚持ちすることはできず、楽天ANAマイレージクラブカードが欲しい場合は切替または退会後に新規申し込みが必要だ。

このように楽天カードの2枚持ちは基本的にはできない。

しかし、アルペングループ 楽天カードは楽天カードと2枚持ちすることが可能となっている。これは、アルペングループ 楽天カードのページにも記載されている。

アルペングループ 楽天カードとは?

アルペングループ 楽天カードとは?

アルペングループ 楽天カードは、年会費無料のクレジットカードでアルペングループの店舗・公式オンラインストアでの利用時にアルペングループ 楽天カードを利用すると最大5%分のアルペンポイントが貯まる。

4月~3月末までのアルペングループの店舗・公式オンラインストアでの購入金額が5万円未満の場合は2%、5万円以上15万円未満の場合は3%、15万円以上の場合は5%のアルペンポイントを貯めることが可能だ。

ランク 4月~3月末までの購入金額 還元率
シルバー 2万円未満 2%(現金払いは1%)
ゴールド 2万円以上、5万円未満 2%
プラチナ 5万円以上、15万円未満 3%
ダイヤモンド 15万円以上 5%

また、アルペングループの店舗では決済時に1%分の楽天スーパーポイントが、アルペングループ 楽天カードに付帯する楽天ポイントカードの提示で0.5%分の楽天スーパーポイントを貯められ、最大6.5%分のポイントが貯まる。

アルペングループでの特典は?

アルペングループではアルペングループメンバーズ向けにグループ利用時の特典を用意している。しかし、アルペングループ 楽天カード会員の場合はどの特典もアップグレードされているので、アルペングループを利用するのであれば必須のカードだろう。

アルペングループメンバーズ アルペングループ 楽天カード会員
ゴルフグリップ購入時のグリップ交換加工費 30%OFF 無料
ゴルフスラックス、デニム、アウトドアパンツ購入時の裾上げ加工費 50%OFF 無料
テニス・バドミントンストリング購入時の加工費 30%OFF 50%OFF
野球グラブ、スパイク加工パーツ購入時の加工費 30%OFF 50%OFF
スノーボード、スキーのチューンナップ 10%OFF 20%OFF
NEWモデルゴルフ倶楽部購入時の買取査定金額 5%UP 10%UP
自転車の各種加工費 5%OFF 10%OFF
中古クラブ買取時の買取金額に対するアルペンポイント還元 3%還元 5%還元
トレーニングウェア、サッカーシャツなどのマーキング加工 3%OFF 5%OFF

アルペングループ 楽天カードをe-NAVIに登録

筆者はアルペングループ 楽天カードを新たに申し込み、手元に届いたので楽天e-NAVIに登録してみることにした。

既存の楽天e-NAVIにログインし、「お客様情報の照会・変更」⇒「カードの追加登録」をクリックする。

続いて、Mastercardを選択。カード番号、カード有効期限、セキュリティコードを入力して「確認画面へ」ボタンをクリック。

確認画面が表示されるため、「追加する」ボタンをクリックすると登録が完了する。

楽天e-NAVIのトップページにアクセスすると、現在の楽天カードとは別に、プルダウンで「アルペングループ 楽天カード」が選択できるようになっている。

楽天カードを複数保有するメリットは?

なお、筆者の場合は上記画面の通り楽天ブラックカード(JCB)を保有している。プルダウン下の「【利用不可】楽天ブラックカード(Mastercard)」は、国際ブランドを切り替えたためにこのような表記となる。

アルペングループ 楽天カードを選択すると、「楽天市場でのポイントアップ」として「あなたの楽天市場でのカード利用分ポイントは3倍」と表示される。

しかし、楽天ゴールドカード以上である楽天ブラックカード(JCB)を選択すると5倍だ。

従って、楽天ゴールドカード以上を保有している場合は楽天市場でアルペングループ 楽天カードを利用するメリットはない。もちろん、アルペングループ利用者にとっては、グループでの特典がアップグレードされるので保有するメリットはあるだろう。

アルペングループを利用しない人にとって、アルペングループ 楽天カードを保有するメリットとしては、楽天カードの国際ブランドを2つ保有できる点だろう。

アルペングループ 楽天カードの国際ブランドはMastercardのみとなる。従って、それ以外の国際ブランドのVisa、JCB、American Expressの楽天カードを保有している場合は、別途Mastercardを追加することが可能だ。

例えば、どうしてもディズニー・デザインが欲しかったとしよう。ディズニー・デザインの場合は国際ブランドがJCBのみとなるが、アルペングループ 楽天カードを申し込めば、JCBとMastercardの楽天カードを保有することが可能だ。どちらを使っても、1%の楽天スーパーポイントを獲得できる。

ハワイに行く時にはJCBブランドカードでトロリーを無料乗車できるが、JCBが使えない店舗でもMastercardは利用できる場合も多い。

また、JCBマジカルに応募するにはJCBブランドでなければならない。JCBブランドの楽天カードをメインカードにして、JCBが使えない場合にアルペングループ 楽天カードを活用すると言うのが良いだろう。

保有している楽天カードがVisaやMastercardの場合は、アルペングループ 楽天カードのメリットはそれほどないかもしれないが、JCBやAmerican Expressの場合はメインカードを楽天カード、サブカードをアルペングループ 楽天カードという手もあるだろう。

デュアル発行のクレジットカードではないが、リクルートカード(Visa)/リクルートカード(Mastercard)とリクルートカード(JCB)の2枚持ちのような感じだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 1001

© 2013 ポイ探

Scroll to top