クレジットカード特集 コラム 一般カード

クレジットカードで入室できるラウンジ、「渋谷ちかみちラウンジ」は誰でも利用が可能!

2015年1月23日

クレジットカードで入室できるラウンジと聞くと、ゴールドカードで入室できる空港ラウンジを思い浮かべる方も多いだろう。しかし、空港以外にもラウンジがあり、対象のクレジットカードを保有しているだけで入室できるラウンジもある。今回から、それぞれのクレジットカードで入室できるラウンジを紹介していきたい。

渋谷ちかみちラウンジはどこにある?

渋谷駅構内にラウンジがあるのを知っているだろうか? 渋谷ヒカリエからSHIBUYA 109まで渋谷駅の地下を端から端まで行く地下通路が「渋谷ちかみち」となっている。

渋谷ちかみちをヒカリエからSHIBUYA 109近くまで歩くと、渋谷ちかみち総合インフォメーションが左手に見えてくる。その目の前に大きな扉があり「LOUNGE」と書かれている。

今回は、2014年4月28日(月)にオープンした「渋谷ちかみちラウンジ」を紹介したい。

渋谷ちかみちラウンジのイメージ

渋谷ちかみちラウンジの設備は?

渋谷ちかみちラウンジの利用時間は10:00~20:00まで。ラウンジ、男性ドレッシングルーム、女性パウダールーム・授乳室、ベビールームの4つの部屋で区切られているが、全て移動が可能だ。

渋谷ちかみちラウンジの構造

ラウンジでは無料ドリンクが用意されている場合が多いが、渋谷ちかみちラウンジには無料ドリンクは用意されていない。飲食の持ち込みは可能だが、それほど大きなスペースではないため、食べ物は控えたほうが良いだろう。真ん中に大きなテーブルがあり、docomo Wi-Fiなどの公衆無線LANサービスも利用可能のため、ちょっとした仕事にも利用できる。

また、コンシェルジュが1人常駐している。駅構内や駅周辺の案内などを行ってくれるようだが、情報を聞きたいだけであればわざわざラウンジによらなくても、出入口前にある渋谷ちかみち総合インフォメーションで聞くほうが早いだろう。

ラウンジに入り、左側が男性ドレッシングルームとなり、身だしなみチェックが可能だ。ただし、くつろぐようなスペースはない。

ラウンジの右側が女性パウダールーム・授乳室となっている。こちらは入室できなかったためニュースリリースから抜粋すると、完全個室のフィッティングルームと、授乳室が3つあるようだ。

また女性パウダールーム・授乳室からはベビールームへ移動も可能となる。ベビールームはおむつ替えスペースやキッズトイレも完備されている。

渋谷ちかみちラウンジの入室方法・入室可能クレジットカードは?

では、ラウンジに入るにはどうすればよいのだろうか? ラウンジ入り口には以下のように書かれている。

ご利用の際は、カードリーダー部に渋谷ちかみちラウンジのカード挿入口

「TOKYUポイントカード TOP&」

又は

「Tokyo Metro To Me CARD」

を挿入して下さい。

筆者が今回利用したのは「To Me CARD」だ。To Me CARDを入り口のカードリーダー部に挿入すると「OK」ランプが点灯し、扉が開く。

「Tokyo Metro To Me CARD」は「To Me CARD prime」だけでなく、「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」でも問題ない。不明なのは「TOKYUポイントカードTOP&」だろう。こちらは確認した所、TOP&カードであればどのカードでも入室可能となっている。「TOP&ClubQ JMBカード」だけでなく、提携カードの「JALカードTOP&ClubQ」、さらにはクレジット機能のない「TOP&現金専用カード」でも入室が可能と言うことだ。

また、それらのカードを持っていない場合でも、ラウンジの前にある「渋谷ちかみち総合インフォメーション」で名前を記入することで利用が可能となっている。


ラウンジというと、お茶でも飲みながらゆっくりくつろぐと言うイメージがあるが、渋谷ちかみちラウンジは、ちょっとした休憩、身だしなみチェックまたは、空いた時間に少し仕事をするというような使い方がおすすめだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, 一般カード
-, , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース