You Are Here: Home » コラム » マイレージ » ANA(全日本空輸) » 手っ取り早くANAマイルを貯めるには、Gポイントを効率良く貯めること そのための方法とは?

手っ取り早くANAマイルを貯めるには、Gポイントを効率良く貯めること そのための方法とは?

手っ取り早くANAマイルを貯めるには、Gポイントを効率良く貯めること そのための方法とは?

ANAマイルは有効期限が定められている。従って、ある程度ハイペースでマイルを貯めないと特典航空券、特にビジネスクラス以上の航空券を得ることはできない。

そんな時に、かなり効率よく、おトクにマイルを貯める方法として、ポイントサイト「Gポイント」の「まるとく調査員」に応募する方法がある。

「まるとく調査員」とは登録されているレストランで食事をしたり、エステでサービスを受けたりして、その内容をモニター調査員としてアンケート評価する見返りに、Gポイントが付与されるというものだ。

まるとく調査員店舗によっては飲食代の100%分のGポイントが付与されたり、エステの場合などは、一度に10,000G以上を獲得できる場合がある。実際に食事をしたり、サービスを受けたりできるため、付与されるポイント分トクするという考えも成り立つ。

このシステムは、実際は「ファンくる」というモニターサイトをGポイントバージョンに焼き直したもので、他のポイントサイトでも同様のモニター制度を導入しているが、ANAマイルを貯める場合は、Gポイントの「まるとく調査員」が良いだろう。

貯まったGポイントはソラチカカード経由でANAマイルへの交換がベスト

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)貯まったGポイントは、メトロポイント経由でANAマイルに交換するのが良いが、このルートの場合、ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)を所持していれば、Gポイント10:ANAマイル9という驚きのレートで交換することが可能だ。

ひとつ具体的な例をあげると、例えば10,000円の食事代を払ったときに、50%のGポイントが付与される店舗の場合、5,000Gが貯まり、これをANAマイルに交換すると4,500マイルになる。

ANAマイルを使用するときに、もしビジネスクラスの特典航空券を獲得できれば、1ANAマイルあたり、4円?5円の価値を生むことになる。

すなわち、10,000円払って食事をして、4,500マイルが獲得できたとすると、4,500マイル×4円?5円=18,000円?22,500円分の価値を生んでいると考えることが可能となる。

「まるとく調査員」利用時の注意点とは?

ここで注意すべきポイントが2点ある。

一つは、「まるとく調査員」は、店舗ごとに月当たりのモニター人数に制限があることだ。ポイント付与比率の高い店舗や、人気の店舗はすぐに締め切られてしまう。

また、応募すれば誰でもモニターになれるわけではなく、年齢、用途など簡単なアンケートに答えて応募するが、落選となる場合もある。

もう一つの注意点は、メトロポイントからANAマイルへの交換は、月間の上限が20,000メトロポイント(=18,000ANAマイル)に制限されているということだ。

また、GポイントからはJALマイルへの交換も可能だが、現状はどのルートを経由してもGポイント10:JALマイル5と、ANAマイルレートに比べて交換比率がぐっと悪くなる。

とはいえ、ショッピングマイルやフライトマイルなどに比べると、はるかに効率的で楽にマイルを貯められる方法なので、特に陸マイラーの方は、是非一度チャレンジして欲しい。

[Gポイント] [ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)]

About The Author

ディエゴスアレス

これまでに、南極を除く世界6大陸、40か国以上を訪問。マイルは旅を快適にする手段と心得、国内線や近距離の国際線はチケットを購入しマイルを貯め、長距離ビジネスクラスの特典航空券取得を目標としています。JAL、ANAのマイルを効率的に貯めるためには、クレジットカードの会費など、ある程度の出費は厭いません。年間、旅にかける費用はかなりの額になるので、それらのコストは旅の費用の一部と考えています。海外旅行の際は、航空会社、使用機材に至るまでこだわる、航空マニアでもあります。

Number of Entries : 38

© 2013 ポイ探

Scroll to top