検索でポイントがたまりAmazonギフト券にも交換できる「Microsoft Rewards」って何?

コラム プリペイドカード

検索でポイントがたまりAmazonギフト券にも交換できる「Microsoft Rewards」って何?

さまざまなブラウザーがあるが、筆者はいろいろなブラウザーを使い分けており、ChromeやFirefox、Edgeなどを使っている。

別セッションで起動しておきたいときに便利なのがChromeとなり、学校では子供3人分のMicrosoftアカウントが発行されているが、一回一回ログアウトするのも大変だ。Chromeは、ショートカットにデータのディレクトリを記述して起動すると、そのセッション状態をキープできる。子供AのChromeと子供BのChromeを用意でき、学校のTeams等に一回一回ログインする必要がない。

Firefoxはブラウザーを閉じると、全ての情報を消すように設定。ポイントサイトやポイントモールでの買い物に利用すると、新規のCookieが発行されるため、ポイント獲得でミスが起きにくくなる。

公的なサイトでEdgeのみサポートの場合もあるため、Edgeを使う事もある。この、Edgeを起動して、検索エンジンをBingからGoogleに変更するために設定メニューを見ていたところ「Microsoft Rewards」なるメニューを発見。

Microsoft Rewardsのメニュー

Microsoft Rewardsのメニュー

検索やミッションをクリアするとポイントがたまり、たまったポイントはAmazonギフト券などに交換できるようだ。

ポイントの貯まり方がなかなか難しいが、1回の検索で3ポイント。90ポイントが上限のため、30回の検索でマックス。これは楽天ウェブ検索と同じだろう。

Microsoft Rewardsは1回の検索で3ポイント

Microsoft Rewardsは1回の検索で3ポイント

楽天ウェブ検索との違いは、モバイルでの検索でもポイントを獲得でき、パソコンとカウントが別となっている。従って、スマートフォンにもEdgeアプリをインストールして、Microsoftのアカウントでログインしておいた方がよい。

楽天市場のSPUに+αでポイントゲット! 楽天ウェブ検索が穴場

目次1 SPU(スーパーポイントアッププログラム)はエントリー不要で最大16倍2 楽天ウェブ検索で毎日ポイントゲット! ポイントは通常ポイント3 毎日5口+エントリーで楽天市場のポイント2倍 SPU( ...

続きを見る

また、毎日アクティビティも実施するとポイントがたまる。10~100ポイント程度たまり、検索よりも効率はよい。

Microsoft Rewardsはアクティビティでもポイントをためられる

Microsoft Rewardsはアクティビティでもポイントをためられる

ゲーム好きであればXboxでためることもできるようだ。また、Microsoft Storeでのオンライン購入してもポイントがたまる。

ダッシュボードにある「獲得したポイント」は、442 / 2,942 のように表示されているが、これは当日2,942ポイント獲得できる内の442ポイントを獲得していると言う事だ。

Microsoft Rewardsの獲得したポイントの内訳

Microsoft Rewardsの獲得したポイントの内訳

「ポイントの内訳」を確認すると、モバイル検索で60ポイント、パソコン検索で90ポイント、マイクロソフトEdgeボーナスで12ポイント、アクティビティで280ポイントの合計442ポイントの獲得だ。2,942 - 442 = 2,500ポイント分は「8月中に3本の映画をレンタル」で達成できる。映画を3本レンタルはしないため、2,500ポイントは無視する事に。

獲得したポイントは、6,050ポイントでMicrosoftギフトカードの600円分、5,250ポイントでAmazonギフト券600円分などに交換できる。

賞品 必要ポイント 金額
Microsoftギフトカード 6,050ポイント 600円分
Amazonギフト券 5,250ポイント 600円分
スペシャルオリンピックスに寄付 3,200ポイント 300円分
Skype Credit 2,500ポイント 250円分
Xboxデジタルギフトカード 2,500ポイント 250円分
Microsoft Solitaire Collection Premium Edition ギフトカード 1,500ポイント 1か月
スペシャルオリンピックスに寄付 1,100ポイント 100円
CAREに寄付 1,100ポイント 100円
Xbox Series Sのくじ引き 200ポイント 1口
Surfaceキーボードとマウスを当てよう 200ポイント 1口

検索でポイントがたまる楽天ウェブ検索の場合、結果はGoogle検索と同じとなるため、それほど気にならないのだが、Bingでの検索結果は慣れないため、なかなか続けるのも大変だ。

1週間利用して獲得したポイントは1,953ポイント。3か月程度でAmazonギフト券600円分には到達するのではないだろうか。なお、1回交換すると同じ賞品に交換できなくなる可能性もあり、1度Amazonギフト券に交換できるまでは続けてみたい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, プリペイドカード
-, , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース