またまた不正利用! 今度は住信SBIネット銀行のデビットカードが海外サイトで利用されそうになった! 対策方法は?

コラム デビットカード

またまた不正利用! 今度は住信SBIネット銀行のデビットカードが海外サイトで利用されそうになった! 不正利用の時間帯も考えられている?

2021年8月12日

2ヵ月ほど前に筆者が利用しているVポイントアプリで不正利用されたことを紹介した。

Vポイントアプリで不正利用?! プリペイドカードでの不正利用後の対応方法は?
やられた! Vポイントアプリで不正利用! プリペイドカードでの不正利用後の対応方法は?

筆者は三井住友カードで貯めたVポイントをVisa加盟店でも利用できるVポイントアプリを利用しているが、何やらVポイントの残高を利用したとプッシュ通知があった。 Vポイントの利用履歴 取引内容は「SUP ...

続きを見る

今回はデビットカードの不正利用(実際は未遂)があり、これでクレジットカード、プリペイドカード、デビットカードでの不正利用を経験したことになる。

今回被害に遭ったのは住信SBIネット銀行のデビットカードだ。デビットカードの利用ができないと言うメールが届き気がついた。

デビットカード利用不可のメール

デビットカード利用不可のメール

筆者は住信SBIネット銀行の口座を3つ保有しているため、最初はどの口座がやられたのかを考えたが、デビットカードを発行しているのは通常口座のはずだ。

キャッシュカード デビット付きキャッシュカード
住信SBIネット銀行
JAL NEOBANK(JAL支店) ×
T NEOBANK(Tポイント支店) × ×

従って、通常口座にログインし、利用明細を確認。特に利用された形跡はない。

利用通知があったと言うことは、カード情報が漏洩しているはずであり、国内利用も制限をかけた方が良い。住信SBIネット銀行にログイン後、メニューにある「商品・サービス」⇒「デビット付きキャッシュカード」を選択。

住信SBIネット銀行のログイン後のメニュー

住信SBIネット銀行のログイン後のメニュー

左側のメニューにある「ご利用限度額照会・変更」を選択。

ミライノ デビットの限度額変更

ミライノ デビットの限度額変更

「海外ショッピング」が「0万円」となっていたために、今回は不正利用されずにすんだ。これが100万円などとなっていた場合は、普通に決済されていただろう。

ミライノ デビットの海外ショッピング利用限度額

ミライノ デビットの海外ショッピング利用限度額

国内は1回100万円の限度額となっているため、こちらも全て0万円に変更する。これで国内サイトでも利用されることはない。

ミライノ デビットの国内ショッピングの限度額も0円に

ミライノ デビットの国内ショッピングの限度額も0円に

なお、デビットの会員ページにログイン後、「各種変更」⇒「利用停止設定・解除」で停止しても良いはずだ。

ミライノ デビット会員用ページのメニュー

ミライノ デビット会員用ページのメニュー

この状態にしてから、住信SBIネット銀行に電話をした。オペレーターとの会話が必要のため、カード紛失のメニューを選択。状況を説明すると、限度額の変更を案内されたため変更済みと伝える。使われた日時、店舗、金額を伝えると、後日担当部署から連絡するとのこと。

なお、住信SBIネット銀行のデビットカードを実際に不正利用された場合は、盗難・紛失・番号不正使用による損害では30日以内に、偽造・変造による損害の場合は60日以内に連絡する必要がある。使っていないと考えられる場合は早めに連絡しよう。個人口座の場合は1口座当たり年間100万円まで、法人口座の場合は年間1,000万円まで補償される。

偶然かもしれないが、前回Vポイントアプリの不正利用があったのは17時過ぎ、今回の住信SBIネット銀行のミライノ デビットでの不正利用未遂にあったのが18時過ぎとなる。三井住友プリペイドデスクの受付時間は10時~17時、住信SBIネット銀行のカード紛失などは24時間受付だが、それ以外の受付時間は9時~18時となる。

不正利用されていると言う事は、カード番号が漏洩していることになる。カード番号から発行企業を調べることができるため、事前に問い合わせ窓口の受付時間まで調べられている場合は、実際に不正利用の被害にあったときの対応は非常に難しいだろう。

筆者は、ここ数年で3回も不正利用の被害(1回は未遂)にあっており、やはりたくさんカードを持っていればそれだけ被害にもあいやすい。使わないカードは解約し、利用しているカードについてはカード明細をしっかり確認するようにしよう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, デビットカード
-, , ,

© 2022 ポイ探ニュース