三井住友カード ゴールド(NL)を申し込んで見た! エポスゴールドカードとどっちがおトク?

クレジットカード特集 コラム ゴールドカード

三井住友カード ゴールド(NL)を申し込んで見た! エポスゴールドカードとどっちがおトク?

2021年7月1日(木)に申込開始した三井住友カード ゴールド(NL)を申し込んで見た。

三井住友カード、ゴールドカードのナンバーレスが誕生 年間100万円以上の利用で年会費が永年無料に
三井住友カード、ゴールドカードのナンバーレスが誕生 年間100万円以上の利用で年会費が永年無料に

三井住友カードは、2021年7月1日(木)より、ナンバーレスタイプの「三井住友カード ゴールド(NL)」の発行を開始した。 2021年2月より、カード情報がカード券面に掲載されていないナンバーレスタイ ...

続きを見る

今回は即時発行で申込、7月1日(木)14:33に申込完了のメールが到着。審査結果のメールが14:41となっており、8分で審査が完了した。このメールから操作し、Vpassに登録する。Vpassに登録後に、Vpassアプリにログインすると、三井住友カード ゴールド(NL)が表示されており、カードを変更すると、カード情報を確認することが可能だ。

三井住友カード ゴールド(NL)のカード情報

三井住友カード ゴールド(NL)のカード情報

これで、Amazonなどのオンラインションピングで利用する事が可能となった。

続いて、Apple Payに登録する。Vpassアプリから登録する事ができ、これでiD加盟店やVisaのタッチ決済加盟店で利用する事ができるようになった。

三井住友カード ゴールド(NL)をApple Payに登録

三井住友カード ゴールド(NL)をApple Payに登録

三井住友カードの設定に慣れていれば、申込から30分程度でオンラインとオフラインで三井住友カード ゴールド(NL)を利用できるようになる。

7月1日(木)に申し込んだが、実際のカードは7月4日(日)に到着。リアルカードがあれば、iD加盟店やVisaのタッチ決済加盟店以外でも利用することができる。

三井住友カード ゴールド(NL)は、三井住友カード(NL)と同様、カード券面にはカード番号の記載がないカードとなる。コンビニ3社やマクドナルドでタッチ決済を利用すると5%のVポイントが貯まる点は同じだが、ゴールドカードのため、空港ラウンジなどの特典も付帯する。

最大のメリットは年間100万円を利用すると、それ以降の年会費が永年無料になる点だ。2021年9月末までの申込の場合は初年度も無料となり、年間100万円利用すると、それ以降の年会費も無料となる。つまり、初年度に100万円到達すると、ずっと年会費無料で利用できるゴールドカードとなる。

カードの台紙には8月26日に5,500円の年会費とあるが、9月末までに申し込んでいるため、無料となるはずだ。

三井住友カード ゴールド(NL)の年会費

三井住友カード ゴールド(NL)の年会費

年会費無料のカウントは、本会員のカード入会月の11ヵ月後末までの利用がカウントされるため、筆者の場合は2021年7月申込⇒2022年6月末までで100万円到達していれば、年会費無料のゴールドカードが手に入る。

なお、年会費無料のゴールドカードでも、利用されなくなる可能性もある。そこで年間100万円以上利用すると1万ポイントがボーナスポイントとして獲得できる特典が追加されている。通常の還元率0.5%と合わせると、最大1.5%還元のカードとして考える事も可能だ。

ここまで見ると、エポスゴールドカードに非常に近いカードと考えられるだろう。保険などを考慮しなければ、非常に似ているカードとなっており、年間100万円以上の利用で1万ポイント還元なども同じだ。

エポスゴールドカード 三井住友カード ゴールド(NL)
通常年会費 5,000円(税込) 5,500円(税込)
年会費永年無料条件 年間50万円以上 年間100万円以上
ポイント名 エポスポイント Vポイント
ポイント還元率 0.5% 0.5%
ポイント有効期限 無期限 ポイント獲得月から3年
ボーナスポイント 年間50万円で2,500ポイント、年間100万円で1万ポイント 年間100万円で1万ポイント
ポイントアップ店舗 3ショップまで最大3倍 3ショップまで+0.5%
国際ブランド Visa Visa/Mastercard
その他 マルイやモディで年4回の10%OFF コンビニ3社とマクドナルドで最大5%還元

エポスポイントは無期限だが、Vポイントは期限あり。ただし、最近のVポイントはVポイントアプリにチャージすれば、Visa加盟店で利用できたり、今後はSBI証券での投資サービスなども開始する予定となっており、それほどデメリットではない。

旅行保険を比較すると、海外旅行傷害保険はエポスゴールドカードは自動付帯、三井住友カード ゴールド(NL)は利用付帯分もあり、さらに傷害治療費用や疾病治療費用に関してはエポスゴールドカードの方が有利な条件だ。

エポスゴールドカード 三井住友カード ゴールド(NL)
傷害死亡・後遺障害 1,000万円 2,000万円(自動付帯分300万円)
傷害治療費用 300万円 100万円
疾病治療費用 300万円 100万円
賠償責任 2,000万円 2,500万円
携行品損害(1事故3,000円の自己負担) 20万円 20万円
救援者費用 100万円 150万円

ただし、三井住友カード ゴールド(NL)の場合は国内旅行傷害保険も付帯する。ただし、入院保険金や通院保険金は対象外だ。

エポスゴールドカード 三井住友カード ゴールド(NL)
傷害死亡・後遺障害 2,000万円(自動付帯分300万円)

エポスゴールドカードの場合はエポトクプラザがあるため、様々な割引特典も利用できる。年間利用額50万円以上で年会費無料になるのもエポスゴールドカードの方が有利だろう。

年間50万円程度利用する場合はエポスゴールドカード、年間100万円以上利用し、コンビニ3社とマクドナルドでの利用が多い場合は三井住友カード ゴールド(NL)が良さそうだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース