クレジットカード特集 コラム ゴールドカード

これが年会費12,000円(税抜)のダイナースクラブカードだ! 年会費1万円代のダイナースとは?

2020年6月15日

ダイナースクラブカードと言えば年会費が高額なステータスカードだ。通常のダイナースクラブカードの年会費は22,000円(税抜)、ダイナースクラブ プレミアムカードの年会費は130,000円(税抜)となる。航空系やその他の提携カードであっても年会費は20,000円を超える。

本会員(税抜) 家族(税抜)
ダイナースクラブカード 22,000円 5,000円
ダイナースクラブ プレミアムカード 130,000円 無料
ANAダイナースカード 27,000円 6,000円
JALダイナースカード 28,000円 9,000円
デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード 28,000円 9,000円
MileagePlus ダイナースクラブファースト 43,000円 9,000円
MileagePlus ダイナースクラブカード 28,000円 9,000円
ニューオータニクラブ ダイナースカード 22,000円 5,000円
BMW ダイナースカード 25,000円 7,000円
銀座ダイナースクラブカード 25,000円 無料
銀座ダイナースクラブカード/和光 25,000円 無料
三井住友信託ダイナースクラブカード 22,000円 無料

その他、法人向けのダイナースクラブ ビジネスカードは年会費27,000円(税抜)で追加会員は無料だ。こちらは個人事業主や会社役員向けのカードとなる。

本会員(税抜) 追加会員(税抜)
ダイナースクラブ ビジネスカード 27,000円 無料

しかし、法人向けのダイナースクラブカードには年会費が12,000円(税抜)のカードもある。「ダイナースクラブ コーポレートカード」だ。ダイナースクラブのサイトで「カードラインナップ」には表示されていないが、「法人向けカード」にアクセスすると表記がある。

ダイナースクラブカードの法人向けカード

「中堅・大企業の方におすすめ」の中にある「ダイナースクラブ コーポレートカード」が今回紹介する年会費12,000円(税抜)のダイナースクラブカードだ。

本会員(税抜) 追加会員(税抜)
ダイナースクラブ コーポレートカード 12,000円 12,000円
ANAダイナースコーポレートカード 20,000円 20,000円
ニューオータニクラブ ダイナースコーポレートカード 12,000円 12,000円

ANAダイナースコーポレートカードも通常のANAダイナースカードよりも7,000円安く保有可能だ。

法人カードとなるため、個人で申し込むことはできない。また、法人の登記事項証明書や法人口座が必要のため、個人事業主もNGだ。

ダイナースクラブ コーポレートカードには「CORPORATE CARD」の表記がある

「ダイナースクラブ コーポレートカード」は年会費が12,000円(税抜)だが、カード利用時には100円につき1ポイント貯まり、貯まったポイントは有効期限がないなど、通常のダイナースクラブカードと同じ仕様となる。

もちろん空港ラウンジも利用でき、エグゼクティブダイニングも利用可能。法人向けのANA@deskやJAL ONLINEも利用可能(別途申込が必要)だ。

デメリットはオンラインでの申込ができない点と社員向けのカードの年会費も同じ金額となる点のみ。

記入書類は4点。

  • ダイナースクラブ コーポレートカード会員入会申込書(法人用)1枚目
  • ダイナースクラブ コーポレートカード会員入会申込書(法人用)2枚目
  • 預金口座振替 兼 自動払込利用申込書
  • ダイナースクラブ コーポレートカード会員入会申込書(カード使用者用)4枚目

この他に以下の書類3点が必要だ。

  • 法人の登記事項証明書
  • 代表者の本人確認書類2点
  • カード使用者の本人確認書類2点

法人の登記事項証明書は法務局に行かずにオンラインで取得することもできる。「登記・供託オンライン申請システム」は、12月29日~1月3日までの年末年始を除く平日8:30~21:00まで利用する事ができ、1通500円で取得可能だ。通常は600円だが、オンライン請求・送付の場合は100円安く取得できる。

ペイジーなどで納付することができ、納付後1週間以内には受け取ることが可能だ。

資料を送ってから審査はかなりの時間がかかる。個人向けのクレジットカードの場合は2~3週間程度で受け取ることができるが、法人確認のために法人・代表者に簡易書留が届く。それから発行されるため申込から1ヵ月程度は必要だ。

なお、ダイナースクラブ コーポレートカードを受け取った後はクラブ・オンラインに登録しよう。個人で保有しているクラブ・オンラインのアカウントには登録されておらず、別アカウントでの登録が必要だ。

ダイナースクラブ コーポレートカードは別途クラブ・オンラインに登録が必要


ダイナースクラブカードを保有したいが、個人で保有するのはどうかと思っている法人代表者の場合、ダイナースクラブ コーポレートカードが良いだろう。12,000円(税抜)でダイナースクラブカードを保有できる。

なお、既にダイナースクラブカードを保有している場合、ダイナースクラブカードにビジネス・アカウントカードを追加した方が安くなる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード
-, , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース