クレジットカード特集 コラム プリペイドカード

Kyashで家計管理のススメ クレジットカードでもリアルタイムに利用履歴を管理できる!

2020年6月9日

クレジットカードでは「使いすぎが心配」「使った感覚があまりない」と言う事で使いたくない、と言う人も多いだろう。

なぜ使いすぎるのか。これは、使っても現金が減らないからだ。財布に1万円が入っていて、8,000円をカード払いしても1万円はそのまま財布に残る。使ったときには8,000円を使ったと覚えているが、数日後には使った感覚を忘れてしまう場合もあるだろう。後日、請求書が届いて、「あれ? こんなに使ったかな?」と思って思い出しても思い出せない。

紙の明細書が届いて利用額に驚く

これを解決する方法としてはオンライン明細を定期的に確認することだ。オンライン明細の場合は数日前の利用履歴も確認することができるため、実際に「使っていない」と言う不正利用にもすぐに気がつくことができる。筆者も、アプリをインストールし、定期的にweb明細の確認を行っており、現在の利用金額合計などを確認する癖をつけている。

例えば、2020年6月9日(火)にオンライン明細を確認してみる。

オンライン明細は数日前のデータを確認可能

6月7日、6月6日、6月5日と数日前の利用履歴を確認できることがわかるだろう。また、利用明細のトップには現在の利用金額も表示されている。6月9日時点では718,220円の新規利用がある事がわかり、少し使いすぎだと気がつくだろう。

オンライン明細では未請求金額の合計も確認できる

オンライン明細は非常に便利だが、それでもリアルタイムではない。これをリアルタイムにする方法としてKyashを使う方法がある。

新Kyash Cardが到着! 従来のKyash Card LiteやKyash Card Virtualとの違いとは?

目次1 Kyash Cardとは?2 Kyash Card vs Kyash Card Lite vs Kyash Card Virtual3 Kyash Cardの有効化4 新しいKyash Car ...

続きを見る

KyashはVisaプリペイドカードとなり、有料の物理カードのKyash CardまたはKyash Card Liteを申し込むと、実店舗でも利用する事ができる。

Kyashカードに事前チャージする必要がなく、VisaまたはMastercardのクレジットカードを登録しておくと、残高不足の場合は登録したクレジットカードで支払う事が可能だ。

Visaプリペイドカードは利用すると瞬時に利用金額を確認することができる。Kyashも同様、利用するとすぐに利用通知が届く。例えばAmazonで購入すると、すぐに利用通知がある。コンビニで利用しても同じだ。

Kyashの利用履歴

これらの当日利用分についてはクレジットカードの利用明細には上がってきていない。オンライン明細で確認しても同じだ。

クレジットカードで使いすぎの心配があったとしても、Kyashで購入していれば今月の利用金額などをリアルタイムに把握することができるため、クレジットカードの利用がどうしても心配という場合はKyash経由で利用するのがおすすめだ。

ただし、Kyash Cardは利用金額上限が高くなっているが、獲得できるポイントの上限があるため注意して欲しい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, プリペイドカード
-, , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース