SBI証券のジュニアNISA口座を申し込んで見た! 本人確認書類は住民票の写しが一番便利!

コラム 共通ポイント

SBI証券のジュニアNISA口座を申し込んで見た! 本人確認書類は住民票の写しが一番便利!

2020年末に長男のジュニアNISA口座を開設したため、次男・三男のジュニアNISAの口座も開設することにした。

楽天証券の未成年総合口座+ジュニアNISA口座開設完了! 両親の楽天カードで投信積立できるの?
楽天証券の未成年総合口座+ジュニアNISA口座開設完了! 両親の楽天カードで投信積立できるの?

先日、楽天証券で長男の未成年総合口座とジュニアNISA口座の開設を行った。口座申込は2020年11月28日(土)となるが、ようやくジュニアNISA口座まで開設が完了。 年末の処理であり、かつ必要書類が ...

続きを見る

長男は楽天証券で口座開設したため、次男・三男は別の証券口座で申し込むことにする。次男は野球をやっているのでイチローさんが宣伝しているSMBC日興証券、三男はSBI証券で申し込んで見ようと考えた。SMBC日興証券はdポイント、SBI証券はTポイントを貯めたり・使ったりできるが、ジュニアNISAなどはどうなるのかも気になるところだ。

まず、SMBC日興証券のジュニアNISAの口座開設を行おうと思ったが、オンラインでの受付はしていないようだ。電話か支店に行く必要があるため、先に三男用のSBI証券で口座開設することに。

基本的に、未成年総合口座を申し込むには、その証券口座を親権者も保有している必要がある。もし、親権者の口座がない場合は事前に口座開設が必要だ。

SBI証券のジュニアNISA資料請求ページにアクセスすると、子どもの口座を保有しているかが確認されるため「持っていない」にチェックを入れ、親権者がSBI証券に口座を保有しているか聞かれるため「持っている」にチェックを入れて「お申し込み画面へ」をクリックする。

SBI証券のジュニアNISA資料請求ページ

SBI証券のジュニアNISA資料請求ページ

筆者のSBI証券のアカウントでログインすると、子どもの年齢と誰が主に取引するのか聞かれるため、入力後に「次へ」ボタンをクリックする。

SBI証券の未成年口座申込で子どもの年齢などを入力

SBI証券の未成年口座申込で子どもの年齢などを入力

名前とメールアドレスを入力し、性別と国籍を選択。電話番号、郵便番号、住所は親権者の情報が既に入っている。特定口座の選択、ジュニアNISA口座のチェック、投資に関する情報を入力して次に進む。出金口座を指定し、職業、世帯主との続柄などを選択して次に進む。

確認画面が表示され、「この内容で未成年口座を申し込む」をクリックすると申し込み完了だ。続けて申し込む場合は「もう1人申し込む」から申し込むことができるが、今回は三男だけのため終了した。

ページを見る限り「資料請求」となっているため、入力した情報が記入された申込用紙が送られてくるのだろう。

2日後に未成年口座開設申込書の書類一式が届いた。

SBI証券のジュニアNISA開設書類

SBI証券のジュニアNISA開設書類

パンフレットなどのたくさん書類が入っているが、返送する書類は以下の7種類となる。

  1. 未成年口座開設及び取引に関する申込書
  2. 証券総合サービス申込書
  3. お客さまのご登録情報等のご確認(個人のお客さま)
  4. 本人確認書類(未成年者様)(2種類)
  5. 本人確認書類(親権者(1)様)(2種類)
  6. 続柄確認書類
  7. 未成年者様マイナンバー確認書類

一度、長男のジュニアNISAの開設をしているため、入力自体はそれほど大変ではない。また、本人確認書類も住民票の写しを続柄とマイナンバーが記載されたものを取得する事で、4と5はそれぞれ1種類、6と7はそのまま利用できるため、三男の健康保険証の両面、筆者の運転免許証をそれぞれコピーして封筒に入れて送った。

なお、住民票の写しはマイナンバーがあれば、セブン-イレブンで取得できるため、クレジットカードでチャージしたnanacoを利用するのがおすすめだ。

住民票の取得でもポイントゲット! マイナンバーカードの場合はnanaco支払いも可能!

目次1 住民票交付はマイナンバーカードが最安2 コンビニでの住民票の取得方法は?3 住民票でnanacoポイントを獲得できる? 住民票交付はマイナンバーカードが最安 先日、住民票が必要となった。住民票 ...

続きを見る

これで書類の不備がなければ未成年口座の開設が終わり、ジュニアNISAが2週間程度で開設される予定だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, ,

© 2022 ポイ探ニュース