コラム テクニック 共通ポイント

スマートフォン版のポイントカードに望むもの ポイント利用率は更に上げられる

2016年9月15日(木)にデジタルPontaカードの体験会があった。筆者もスマートフォン向けのポイントカードアプリは利用している。

デジタルPontaカードのメリットは、アプリ内でポイント数を見れることとカードを出す必要が無いことだ。これは実際に使ってみると非常に便利であるため、スマートフォン向けのポイントカードアプリはインストールしておいたほうが良いだろう。

次に、店舗側のメリットだが、ポイントカードの利用率が上がるとのことだ。持ち運びが楽になるためカードの提示率が上がるのだろう。もちろん、ポイント数も確認できるためポイントの使用率も上がる。

ポイントの利用率をさらに上げるには、「ポイントを使う」をスマートフォン側で操作できる機能を搭載することだと考えている。

筆者の場合は、レジで「ポイントを使ってください」と言うのは慣れているため問題ない。しかし、自分から「ポイントを使ってください」と言える人は少なく、店員さんに「○○ポイントありますが、使いますか?」と聞かれた時に、「はい」と答えて使っている方が多いだろう。

スマートフォンのバーコードを表示する前に「使う」を選択した場合は、使うフラグがたったバーコードとなり、バーコードを店舗側がスキャンすると、自動的にポイントが使われる。このような機能が搭載されると、消費者はポイントを使いやすくなり、ポイントの利用率が更に上がるだろう。「常にポイントを使う」オプションもあるとなお良い。

ポイント発行企業は、この機能の搭載を検討してほしい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, テクニック, 共通ポイント

© 2021 ポイ探ニュース