ラグジュアリーカードの新規入会の年齢層は20~30代が中心?

クレジットカード特集 コラム ブラックカード プラチナカード

ラグジュアリーカードの新規入会の年齢層は20~30代が中心?

2021年3月27日

ラグジュアリーカードが2021年3月26日(金)に発表した「2020年の新富裕層の消費動向」に面白いデータが載っていた。

ラグジュアリーカードは、2016年に日本で誕生した富裕層向けの金属製クレジットカードだ。チタン、ブラック、ゴールドの3つのラインナップがあり、全てのカードが金属製でMastercardの最上位である「World Elite(ワールドエリート)」となる。

2020年のラグジュアリーカード会員の職種では約6割が「経営者・会社役員・自営業」となり、9割以上が男性会員となる。平均年収はゴールドが最も高いが、ラグジュアリーカード会員全体の平均年収は約1,700万円だ。

ラグジュアリーカードの会員属性

ラグジュアリーカードの会員属性

国税庁が発表している「民間給与実態統計調査」を見ると、年収の分布がわかる。2020年9月に発表された調査結果が最新となり、年収1,500万円以上の割合は4.88%だ。男性が94%と言う事を考慮して、男性だけの年収で見たとしても年収1,500万円は7.56%程度しかいない。もちろん、ラグジュアリーカードの年収は平均値となるため、異常に高額な収入のユーザーが何名かいるだけで値は変わってしまうが、それでも一般的には高額な年収の方が多いと言う事だろう。

国税庁の「民間給与実態統計調査」より

国税庁の「民間給与実態統計調査」より

2020年入会の会員の年齢が公表されており、このデータが非常に面白い。2000年以降に成人を迎えた世代のミレニアル世代が44%、40代が30%、50代が20%、60代が6%と、ミレニアル世代が約半数を占めているとのこと。

ラグジュアリーカードの会員属性(年齢層)

ラグジュアリーカードの会員属性(年齢層)

ラグジュアリーカード会員は、20~30代の若い年収の高い経営者が保有しており、平均年収は1,700万円。これだけでもカード以外のビジネスが成り立ちそうな感じがする。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ブラックカード, プラチナカード
-, ,

© 2022 ポイ探ニュース