QUICPayはQUICKPayではない! "K"がない理由は?

クレジットカード特集 コラム

QUICPayはQUICKPayではない! "K"がない理由は?

2021年3月21日

前回、iDの"i"が小文字である理由を紹介した。"i"が小文字の理由は「iモード」の"i"が小文字のためにそれを利用したと言う事だ。

ドコモのiDの“i”はなぜ小文字? 理由を探ってみた!
非接触決済サービス「iD」の“i”はなぜ小文字? 理由を探ってみた!

目次1 iモードのiが小文字だから2 IDでは商標登録できないから3 ドコモの見解は? Apple Payが開始してからiDやQUICPayといった名称も一般化してきている。三井住友カードなどをApp ...

続きを見る

筆者は取材後に原稿チェックを行うが、「QUICKPay」と書かれている場合も多いため、今回は「QUICPay(クイックペイ)」について紹介したい。

QUICPayは2004年7月20日(火)に発表された非接触IC決済サービスとなる。Apple PayやGoogle Payで利用する事もでき、従来からおサイフケータイでも利用する事ができた。

この「QUICPay」の綴りは「QUICKPay」ではない。スピーディーという点で見ると「QUICK」となりそうだが、"K"がない「QUICPay」が正解だ。

QUICPayがQUICKではない理由は、「Quick&Useful IC Payment」の略だからだ。2004年7月20日(火)に発表されたニュースリリースでも書かれている。

QUICPayは「Quick&Useful IC Payment」の略

QUICPayは「Quick&Useful IC Payment」の略

ただ、「Blu-ray」のように、「Blue」だと商標登録できない可能性が高く、「QUICKPay」でも商標登録ができない可能性が高いため(QUICKPayは商標登録されている)に略語を利用した可能性もあるだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-,

© 2021 ポイ探ニュース