楽天ゴールドカードは年会費2,000円の価値はなくなった 楽天カードへのダウングレードを推奨

クレジットカード特集 コラム ゴールドカード

楽天ゴールドカードは年会費2,000円の価値はなくなった 楽天カードへのダウングレードを推奨

筆者はこれまで楽天ゴールドカードを推奨してきた。年会費2,000円(税抜)だが、楽天市場や楽天ブックスを利用する際、5倍分の楽天ポイントを獲得できたからだ。

楽天市場で購入した場合を1倍分(=1%分)のポイントとすると、楽天カードで支払うと+2倍の楽天ポイントを獲得できる。この時点で3%還元だ。さらに楽天ゴールドカードの場合は+2倍分のポイントを獲得できるため、合計5倍分(=5%)分の楽天ポイントを獲得することが可能だ。

楽天カードよりも+2倍分おトクになり、楽天ゴールドカードの年会費2,000円(税抜)を考慮すると、月間1万円以上を楽天市場で利用すると楽天ゴールドカードの方がおトクになる。

しかし、この特典が2021年4月以降は通常の楽天カードと同じ+2倍のみとなる。年会費2,000円(税抜)を支払う意味は無い。

楽天ゴールドカードのSPU+2倍(合計+4倍)が2021年4月で終了 楽天カードと同じポイント率に
【タイトル変更】楽天ゴールドカードのSPU+2倍(合計+4倍)が2021年3月末で終了 楽天カードと同じポイント率に

楽天カードは、2021年4月1日(木)より、楽天ゴールドカードのサービスを改悪する。 3月31日(水)までは、楽天ゴールドカードを楽天市場で利用すると+4倍分の楽天ポイントを獲得できるが、4月1日(木 ...

続きを見る

もちろん、誕生月に+1倍の特典が新たに始まるが、上限は2,000ポイントまで。+1倍で2,000ポイントを考慮すると誕生月に楽天市場・楽天ブックスで20万円利用した時がマックスとなる。誕生月に20万円利用して2,000ポイント獲得したとしても、年会費の消費税だけ損する事になる。

また、国内線の空港ラウンジも年2回まで無料で利用できる特典もあるが、こちらも新型コロナウイルスの影響で搭乗機会が減っている。

元々が格安ゴールドカードのため、海外旅行傷害保険については楽天カードと同じ金額となっており、楽天ゴールドカードとしての特典がことごとく改悪となると、楽天カードへのダウングレードがおすすめだ。

2021年3月末まで、楽天e-NAVIにログインして手続きすると年会費が返金される。返金手続き後に楽天カードへの切替が良いだろう。

なお、気になったのが楽天ビジネスカード利用時のSPUだ。楽天カードに確認したところ、法人カードである楽天ビジネスカードでは、楽天プレミアムカードの子カードとなっているため、2021年4月以降も+4倍の対象とのこと。筆者は楽天ビジネスカードと楽天ゴールドカードが同等のため、+4倍と思っていたのだが、SPUの詳細をよく見ると、楽天ゴールドカードと楽天ビジネスカードの+2倍分の表記は若干異なっていた。

楽天ビジネスカードと楽天ゴールドカードの違い

楽天ビジネスカードと楽天ゴールドカードの違い

楽天ゴールドカードでは月間上限ポイントが5,000ポイント、楽天ビジネスカードの場合は月間上限が15,000ポイントと、楽天プレミアムカードと同等となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード
-, , , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース