コラム プリペイドカード

マイナポイントでの多重取りは「不当」? マイナポイントで2重取りはできないの?

先日、ポイ探ニュース編集部宛にメールが届き、「対象事業者からのKyashチャージは、多重受け取りの可能性があり、マイナポイントの対象にならない可能性があるという記載を確認したので調べて欲しい」というメールが届いた。

確認してみると確かにKyashの「マイナポイントについて」のページに書かれていた。

マイナポイント参加事業者が発行するカードによるチャージは、多重取り防止のため対象外となる可能性があります

マイナポイント参加事業者が発行するカードによるチャージは、多重取り防止のため対象外となる可能性があります

メールの依頼者は、「Kyashでdカードによるチャージでマイナポイントを得ようと思っているが、これは不正となるのか」という事だ。

まず、マイナポイントでKyashを登録し、dカードでチャージしたとしても、Kyashで25%還元(上限5,000ポイント)、dカード利用で25%還元(上限5,000ポイント)と言う事にはならない。Kyashもdカードもマイナポイントの対象決済事業者だが、マイナポイントとしてKyashを登録した場合はKyashの条件でのみ25%対象となるためだ。

では、「マイナポイント参加事業者が発行するカードによるチャージは、多重取り防止のため対象外となる可能性があります」とは何を意味しているのだろうか。

SIIが提供している「マイナポイント事業 マイナポイント付与補助 公募要領」の14ページの7番には「単一決済でポイントを多重に取得した」ケースに対して「不当」とある。

マイナポイントの多重取りは「不当」

マイナポイントの多重取りは「不当」

 

おそらく、Kyashで書いているのは上記の「不当」に対する文言だろう。

では、Kyashをマイナポイントとして登録し、dカードを登録した場合は2重取りとなるために「不当」になるのだろうか。

ここでの「不当」とは「マイナポイント自体」の多重取りを意味しており、Kyashにdカードを登録したり、au PAYにau PAYカードからチャージするなどは問題ない。

では、「マイナポイント自体の多重取り」とはどんなことだろうか。例えば、Aさんと配偶者で次のような仕組みを作る。Aさんの楽天カードを家族のマイナポイントとして紐付ける(図の1)。Aさんのマイナポイントとして楽天ペイ(アプリ決済)を登録する(図の2)。次に、Aさんの楽天ペイ(アプリ決済)にAさんの楽天カードを登録し(図の3)、楽天ペイで支払う(図の4)。

マイナポイント自体の多重取りの仕組み

マイナポイント自体の多重取りの仕組み

この場合、Aさんの楽天ペイで2万円を利用すると自動的に楽天カードからも2万円の利用となるため、2万円の利用で楽天カードとして2万円利用した5,000ポイントと楽天ペイとして2万円利用した5,000ポイントをAさんが受け取ることが可能だ。このような事を「不当」と表記しており、決済事業者は対応しなければならないと言う事だ。

上記の方法は実際はできないはずで、本人名義以外のカードを他人のマイナポイントに登録する事はマイナポイント特約で禁止されている。

【第2弾】マイナポイントの疑問点に答えます 家族カードは対象? ANA VISAカードはどのポイント?

目次1 「マイナポイント」って何に使えるポイントなの?2 クレジットカードの家族カードを登録できる?3 他人名義のクレジットカードなどを登録できる?4 JMB WAONも対象になるの?5 ANAマイラ ...

続きを見る

もちろん、未就学児や小学生など、法定代理人が本人に代わって登録する場合は名義が異なっても問題ないと規約にもある。


Kyashに楽天カードやdカードを登録して、Kyashをマイナポイントに登録する事での2重取りは問題ないが、他人名義のマイナンバーカードやクレジットカードなどを使って、1人で複数のマイナポイントを獲得するとポイントを獲得できない場合がある、と言うことだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, プリペイドカード
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース