ポイントプログラム

Jリーグの水戸ホーリーホックを応援する「水戸ホーリーホックデザインの応援型Tカード」が発行開始

フットボールクラブ水戸ホーリーホックとTポイント・ジャパンは、2020年8月2日(日)より、貯めたTポイントが自動的にクラブチームの応援に繋がる応援型Tカードを発行すると発表した。

応援型TカードをTポイントの加盟店で提示して貯めると、自動的にスタジアムの建設やチーム強化などの強化支援金に繋がる。

8月2日(日)にケーズデンキスタジアム水戸で開催する2020明治安田生命J2リーグ第9節 ツエーゲン金沢戦の応援型Tカード付きチケットを購入すると、試合当日に渡される。試合当日は、スタジアムで販売する当日券として応援型Tカード付きチケットを購入することも可能だ。

また、ケーズデンキスタジアム水戸で販売する水戸ホーリーホックのグッズやチケット購入でTポイントが貯まって使えるサービスも開始する。8月2日(日)以降のホームゲームでは、来場すると5 Tポイントを獲得でき、ホームゲームで水戸ホーリーホックが勝利すると2倍のTポイントを獲得できる取り組みや、勝利をした翌日は対象店舗でのTポイントが2倍になる取り組みを定常的に行う予定だ。

水戸ホーリーホックデザインの応援型Tカードの発行手数料は500円(税抜)。貯まるTポイントは30%が運営手数料として引かれ、残りの70%が強化支援金として利用される。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-ポイントプログラム
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース