コラム 共通ポイント

21,800円(税込)のRakuten MiniはFeliCa搭載(おサイフケータイ)で世界最小端末!

楽天モバイルが無料サポータープログラムの2次募集を開始した。筆者は前回申し込んで落選したため、今回は優先的に利用できるはずだ。

楽天モバイル、「無料サポータープログラム」の2次募集を2万名限定で開始

楽天モバイルは、2020年1月23日(木)より、「無料サポータープログラム」の2次募集を開始した。 2019年10月に開始した「無料サポータープログラム」では抽選で5,000人だったが、2次募集は最大 ...

続きを見る

楽天モバイルの無料サポータープログラムは楽天モバイルと言ってもMVNO(仮想移動体通信事業者)の楽天モバイルではなく、MNO(移動体通信事業者)の楽天モバイルのプログラムとなる。

MVNOの楽天モバイルの場合はドコモ回線を借りているためネットワークが「docomo」表記だ。

一方、MNOの楽天モバイルの場合は、楽天モバイル自体が基地局やネットワーク構築などを行っているため、ネットワークには「Rakuten」の表記となる。

今回発表のあったのが楽天モバイルのオリジナル端末「Rakuten Mini」だ。この端末は「Mini」とあり高さ10.62mm×幅53.4mm、重さ79gと非常にコンパクトだ。数値だけを見てもよくわからない場合は、上記のクレジットカードと比較した写真を見るとわかりやすい。

最近のスマートフォンは大型化しているが、個人的にはコンパクトな端末が欲しかった。筆者はiPhoneとAndroidを常に持ち歩いているが、コンパクトな端末は2台持ち派には受け入れられるのではないだろうか。カメラは約1,600万画素、フロントカメラは約500万画素だがシングルレンズ。最近はデュアルレンズやトリプルレンズのスマホも増えており、撮影はそちらを使い、それ以外はRakuten Miniを利用すればカメラ性能はそれほど重要ではない。

価格は21,800円(税込)となり、楽天モバイルショップの6店舗で発売される。色は「ナイトブラック」「クールホワイト」「クリムゾンレッド」の3種類だが、クリムゾンレッドは4月以降の発売となる。

SIMはeSIMが使われており、SIMの抜き差しができない。SIMカードを入れ替えずにキャリア、機種変更がオンラインで可能だ。ただし、eSIM対応のキャリア・機種でなければ意味がない。

なお、Rakuten MiniはFeliCa搭載ということで、おサイフケータイの利用が可能となる。

個人的にはこれが一番のポイントで、iPhoneではnanaco、WAON、楽天Edyなどの利用ができないが、Androidの場合は今後開始するモバイルPASMOも対象だ。

Android限定でモバイルPASMOサービスが開始

PASMO協議会は、2020年春からAndroidスマートフォンでモバイルPASMOのサービスを開始すると発表した。 おサイフケータイ対応端末にモバイルPASMOアプリをインストールすると、カード式P ...

続きを見る

特に、2020年春頃に開始する予定の楽天ペイにモバイルSuicaが搭載されたときにRakuten Miniで利用できるのが大きいだろう。

最強のSuicaを取り込んだ楽天ペイは一歩リード! その理由とは?

2019年6月5日(水)に楽天ペイメントとJR東日本の記者会見があり、2020年春頃より、楽天ペイのアプリからSuicaを発行したりチャージしたりできるサービスが開始すると発表された。 これは非常に大 ...

続きを見る

無料サポータープログラムは、2020年1月23日(木)~2月3日(月)9:59までの受付となり、契約時にRakuten Miniを購入すると楽天スーパーポイントが18,000ポイント獲得できる。実質の価格としては3,800円。なお、アンケートに回答すると1,000ポイント獲得できるなど、実質負担がほとんどない。筆者は無料サポータープログラムでRakuten Miniを購入する予定だ。

なお、楽天モバイルの無料サポータープログラムの2次募集は1月23日(木)23:45で受け付け終了となっている。1次募集時に落選している人には、契約の案内メールが別途送られる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , , , , , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース