QRコード・バーコード コラム

東急線の券売機でLINE Payにチャージしてみた! チャージ手数料は無料

2020年7月16日

2020年7月15日(水)より、東急線の券売機でLINE Pay残高にチャージできるサービスが開始した。

LINE Pay、東急線各駅の券売機で現金チャージサービスを開始 先着2万名限定で300 LINEポイントを獲得できるキャンペーンを実施

LINE Payは、2020年7月15日(水)より、東急線各駅券売機で、LINE Payへの現金による残高チャージサービスを開始すると発表した。 LINEアプリの「ウォレット」タブから「チャージ」を選 ...

続きを見る

今回は、東急線の券売機でLINE Payに実際にチャージしてみたので紹介したい。

まず、LINE Payのチャージ画面から「東急線券売機」をタップする。続いて、東急線の券売機で「QRコード バーコードを使う」をタップ。

券売機側で困ったのが次の画面だ。「スマートフォン決済サービスへのチャージはこちら」をタップする必要がある。LINE Payでの解説画面でも書かれているのだが、「QRコードをかざしてください」のメッセージが先に入ってくるため、このボタンに気がつかなかった。

東急線券売機で「スマートフォン決済サービスへのチャージはこちら」をタップ

東急線券売機で「スマートフォン決済サービスへのチャージはこちら」をタップ

QRコードが表示されると、LINE Payのアプリで読み取る。LINE Payにチャージする事が画面に表示されるため、券売機に現金を投入する。今回は1,000円を入れてみた。

東急線の券売機でLINE Payに1,000円をチャージする

東急線の券売機でLINE Payに1,000円をチャージする

念のため明細を発行して確認。

東急線の券売機でLINE Payのチャージができた

東急線の券売機でLINE Payのチャージができた

明細でもLINE Payの入出金履歴でも1,000円のチャージを確認できる。

これまで、東急線の券売機では出金サービスであるキャッシュアウトは開始していた。横浜銀行とゆうちょ銀行の口座から出金することが可能だ。

東急線の券売機で「はまPay」と「ゆうちょPay」でのキャッシュアウトを使ってみた!

目次1 東急線のキャッシュアウトはキャッシュカードでは引き出せない!2 東急線のキャッシュアウトの利用料は?3 東急線のキャッシュアウトを利用できる時間・駅は?4 はまPayアプリの操作方法は?5 ゆ ...

続きを見る

新たに券売機での入金サービスが開始し、銀行ATMの機能に近くなってきている。電車に乗る機会は多い。電車の券売機は、コンビニATMなみのポテンシャルを秘めているのかもしれない。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-QRコード・バーコード, コラム
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース