コラム 電子マネー

実は複雑!? PayPay残高のPayPayマネー、PayPayマネーライト、PayPayボーナス、PayPayボーナスライトの違いや確認方法は?

「PayPayボーナス」とは?

PayPay残高は、スマホ決済で使うときにはほとんど考えずに利用する事ができる。しかし、実際は非常に複雑で残高には4つの種類がある。

まず、本人確認後に銀行口座やセブン銀行ATM等でチャージしたのがPayPayマネーだ。出金したり残高を送ったりすることができる。

2つ目が、PayPayマネーライト。Yahoo! JAPANカードやソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用してチャージした残高。残高を送る事はできるが出金ができない。

3つ目はPayPayボーナス。PayPay残高で支払ったりキャンペーンなどで獲得した残高となり、残高を送ったり、わりかん機能では利用できない。

最後がPayPayボーナスライトとなり、キャンペーンなどで獲得した残高だ。送ったり、わりかんでは利用できず、唯一有効期限が設定されている。

一覧にすると以下のようなマトリックスとなる。

貯まり方 PayPay払い 送る・わりかん 出金 有効期限 ボーナス運用
PayPayマネー 現金チャージなど 無期限 ×
PayPayマネーライト クレカチャージなど × 無期限 ×
PayPayボーナス 支払いに対するポイント × × 無期限
PayPayボーナスライト キャンペーンなどのポイント × × 60日 ×

PayPay残高の内訳確認方法は?

では、Paypay残高のそれぞれの内訳を確認する方法はあるのだろうか。PayPayを起動し、「残高」⇒「残高をタップ」でそれぞれの残高を確認することが可能だ。

PayPay残高の内訳確認方法

上記の場合は、PayPayマネーは0円、PayPayマネーライト(ソフトバンクまとめて支払いでチャージ)が1,787円。PayPayボーナスが2,178円、PayPayボーナスライトが853円となる。

PayPay残高種類 残高
PayPayマネー 0円
PayPayマネーライト 1,787円
PayPayボーナス 2,178円
PayPayボーナスライト 853円
合計 4,818円

PayPayボーナスライトの有効期限確認方法は?

なお、PayPayボーナスライトのみ有効期限があるが、有効期限確認も同じように操作し、「PayPayボーナスライト」の下にある「有効期限を確認する」をタップすると、それぞれの有効期限が表示される。

有効期限のあるPayPayボーナスライトの有効期限を確認

上記の場合は、853円のPayPayボーナスライトの内、207円が2020年6月8日(月)まで、646円が6月15日(月)までの有効期限となっている。

残高 有効期限 獲得日
207円 2020年6月8日(月) 2020年4月9日(木)
646円 2020年6月15日(月) 2020年4月16日(木)

PayPayボーナスライトは獲得日から60日という条件があるため、獲得日を確認したい場合は、PayPayを起動し「取引履歴」を確認すると、約2ヵ月程度前の履歴を見れば良い。

PayPayボーナスライトの獲得履歴確認方法

実際に確認すると、2020年4月16日(木)には358円、160円、128円の獲得があり、合計すると646円と、6月15日(月)の有効期限残高と一致する。同様に、4月9日(木)の115円と92円を合計すると207円となり、6月8日(月)の有効期限残高と一致する。

PayPay残高の利用時の順番は?

様々なPayPay残高があるが、PayPayを利用した時に消費される順番は以下の通りとなる。

  1. PayPayボーナスライト
  2. PayPayボーナス
  3. PayPayマネーライト
  4. PayPayマネー

基本的には、制限が多い残高から使われ、制限の少ない残高が最後に消費されると言う順番となる。

最初は有効期限がある「PayPayボーナスライト」から消費、続いて、特典などで獲得した「PayPayボーナス」だ。

「PayPayマネー」と「PayPayマネーライト」は、出金ができるPayPayマネーの方が最後に消費という順番となる。


一言でPayPay残高と言っても、使われる順序や使えるサービスなど異なるため、PayPayを使いこなすには、それぞれの使い道などを把握しておく必要がある。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 電子マネー
-, , , , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース