3年半放っておいた「THEO×JAL」口座でJALマイルはどう増えたか?

JAL(日本航空) コラム マイレージ

3年半放っておいた「THEO×JAL」口座でJALマイルはどう増えたか?

筆者が資産を増やすことに加えてJALマイルを増やすということを目的に「THEO×JAL」口座を開設してから3年半が経過した。

加入以後ほぼほったらかしであったが、今回キャンペーンをきっかけに成果を振り返り、変化が生じることとなったので紹介する。

取引スタート時の状況

筆者がTHEOをスタートしたのは、2018年6月である。

当時は入会キャンペーンを実施しており、開始月翌月から3ヵ月の平均残高が30万円以上ある必要があったため、開設時に32万円を入金した。

当初利用する気が無かった「THEO×JAL」口座を開設してしまった魅力的なキャンペーン

目次1 30万強の投資で500マイル or 1,000マイルプレゼント2 500 or 1,000マイルに向けシミュレーション実施3 webを中心にスピーディーに口座開設・入金 今話題のロボアドことロ ...

続きを見る

以降、入金も出金も行わず、運用プラン変更を2・3度行っただけで、基本的には放置していた。

月々の残高に応じてJALマイル付与

THEO×JALは運用開始時に50マイル付与され、以降運用資産1万円ごとに毎月0.5マイル付与されるというルールになっている。

筆者が当初入金した32万円があれば、月16マイルが付与されるということになる。

3年半の運用成果

では実際32万円を預け、運用資産とJALマイルはどのように増減したのか。

元本保証のサービスではないため、元本割れの時期もあった。マイル実績明細を確認すると、月16マイル付与から始まり、一時期は月14マイル付与まで減っていたので、28万円~30万円にまで運用資産が減っていたことになる。

その後、徐々に残高が増え、2021年12月のマイル付与は18マイル、2022年1月5日(水)時点の運用資産は36万円を超えていた。

運用開始時の50マイルと、2018年6月以降月々付与されたマイルを合計すると、650マイルとなった。

3年半経過した2022年時点の評価としては、32万円預け4万円増え、JALマイルも650付与されたとなると、同じ金額を銀行に預けているよりはおトクになったと言える。

上述の通りマイナス4万円になった時期もあるため、元本割れのリスクを許容できる、余剰資金の預け先としての評価であることに注意して欲しい。

THEO冬のボーナスキャンペーンで最大10万円プレゼントのために初の追加入金

3年半一切入金をしてこなかったが、初めて追加入金を行った。2021年12月1日(水)から2022年1月31日(月)まで実施しているTHEOのキャンペーンの影響である。

期間中の入金金額に応じて3月中旬に下記の通りプレゼントされる。

期間中の合計入金額 プレゼント金額
毎月の積立設定なし 毎月の積立設定あり
10万円〜20万円未満 250円 500円
20万円〜50万円未満 600円 1,200円
50万円〜100万円未満 1,700円 3,500円
100万円〜300万円未満 3,500円 7,000円
300万円〜500万円未満 10,000円 20,000円
500万円〜1000万円未満 17,000円 35,000円
1000万円〜1500万円未満 35,000円 70,000円
1500万円以上 50,000円 100,000円

表の通り、毎月の積立設定を行う事でプレゼント金額が倍増するため、初めて積立設定を行った。月1万円設定すれば、概ね2ヵ月ごとに1マイルずつ付与マイルが増えていく計算になるので、どのような増え方をするのか、引き続きウォッチしていきたいと考えている。

プレゼント付与までの期間に1度も出金、または解約をしないという条件があるので3月まで使う予定がなく、原本割れのリスクを許容できる資産がある場合、このタイミングで入金を行う事でJALマイルに加え現金を増やすことができる。

多少運用資産が下がってもプレゼント金額が手に入り、月々のJALマイルの付与が今までよりは多くなることが見込まれるため、余剰資金を追加した。

今回のキャンペーンに間に合わない場合でも、運用することで月々JALマイルが付与されるため、少しでもJALマイルを増やしていきたい方はTHEO×JALのサービスを確認してみてはいかがだろうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

hirosemari

単身者で収入も支出も限られる中、趣味を満喫するためにポイント・マイルを貯めては国内旅行と買い物を楽しんでいます。ポイントは使って初めて「おトク」が確定するのでどんどん使います。「またポイントでただなの?」と友人に言われるのが喜びです。JALカード TOP&ClubQ、アトレクラブビューSuicaカードの2枚をメインに、ポイント3重取りを心掛けていますが、細かく、複雑になり過ぎないように、少ない手間で「気が付けばまたポイントが貯まっている」という環境作りを心掛けています。読んでくださる方が現実的に実行しやすい情報、判断基準となる情報を提供し、皆さんの豊かなポイントライフのお役にたちたいと思っています。

-JAL(日本航空), コラム, マイレージ
-,

© 2022 ポイ探ニュース