クレジットカード特集 コラム

コンタクトレス決済対象外カードでもKyash Cardを使うとコンタクトレス決済が可能に!

2020年4月17日

先日Kyash Cardが到着した。普通にカード決済で利用しても面白くなく、何か使い方がないかを考えていた。

新Kyash Cardが到着! 従来のKyash Card LiteやKyash Card Virtualとの違いとは?

目次1 Kyash Cardとは?2 Kyash Card vs Kyash Card Lite vs Kyash Card Virtual3 Kyash Cardの有効化4 新しいKyash Car ...

続きを見る

思いついたのが、非Mastercardコンタクトレスのクレジットカードをコンタクトレス対応する方法だ。

そもそもMastercardコンタクトレス対象となっているクレジットカードやデビットカードは少なく、デビットカードとしては住信SBIネット銀行のミライノ デビット(Mastercard)程度だろう。筆者が保有しているクレジットカードでも、OricoCard PayPass(オリコカード ペイパス)とEX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ)程度となる。

筆者が保有しているMastercardコンタクトレスに対応したクレジットカードとデビットカード

Kyash Cardは様々なクレジットカードを登録する事ができるのだが、Kyash CardにMastercardブランドのクレジットカードを登録した場合、Kyash Cardに搭載された「Visaのタッチ決済」を利用する事で、間接的にMastercardブランドカードをコンタクトレス対応にする事ができる。

実験のために、筆者が保有している、ラグジュアリーカードをKyash Cardに登録して「自動チャージ」に設定する。

ローソンでVisaのタッチ決済で支払ってみたところ、正常に支払いが完了。Mastercardコンタクトレスを搭載していないカードをKyash Cardに登録する事で、コンタクトレス対応にする事ができた。

なお、Visaの資料によると、Visaのタッチ決済を利用すると支払いが8秒短縮できるようだ。クレジットカードを端末に差し込むこともなく、PINコードを入力する必要もない。かざすだけで支払う事ができるため、スピーディー。さらに衛生面でも優れている。

実際に支払うと「VISA」として支払われていることもわかる。

Visaのタッチ決済で購入すると「VISA」での支払いとなる

なお、Kyash CardはApple PayやGoogle Payにも対応しており、登録する事でQUICPayとして支払う事もできる。もちろん1%のKyashポイントも獲得可能だ。

Kyash CardをApple Payに登録してQUICPayで支払う事も可能

ただし、筆者が保有しているiPhone Xの場合は、Face IDとなっており、マスクをしている事を考えると、カードをかざした方がスマートだ。

Kyash Cardはプリペイドカードとしては発行手数料が900円と高額だが、還元率や機能などを考えると、保有しておきたいカードとなる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , , , , , , , , , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース