You Are Here: Home » コラム » マイレージ » ANA(全日本空輸) » 東京都の自動車税をクレジットカードで支払う方法とは? 手数料を払ってもクレジットカードで支払うとおトク?

東京都の自動車税をクレジットカードで支払う方法とは? 手数料を払ってもクレジットカードで支払うとおトク?

東京都の自動車税をクレジットカードで支払う方法とは? 手数料を払ってもクレジットカードで支払うとおトク?

2015年4月から都税はクレジットカードでの納付が可能となった。今まではクレジットカードでチャージしたnanacoで支払っていたが、今回は東京都主税局の公式サイトからクレジットカードで支払うことにした。今回支払う税金は自動車税だ(自動車税は以前よりクレジットカード納付に対応していた)。

都税のクレジットカード支払方法は?

1.納付書兼納入決通知書を用意し、サイトにアクセス

納付書兼納入決通知書を用意し、「都税 クレジットカードお支払いサイト」にアクセスする。ページ下部にある「上記注意事項を確認しました。」にチェックを入れ「同意して次へ」ボタンをクリック。

自動車税の納付書

2.納付番号等の情報の入力

納付書兼納入決通知書に記載のある納付番号、確認番号、納付区分を入力する。なお、「自動車税納税通知書」にある納付番号ではないので注意が必要だ。すべて入力し、「確認して次へ」ボタンをクリックする。

都税の納付情報の入力3.納付情報の確認とカード番号の入力

支払内容と税額、決済手数料を確認する。筆者の車は排気量1リットル超、1.5リットル以下のため税額が34,500円、決済手数料は292円+手数料分の消費税23円となり、総額34,815円だ。

支払金額を確認後、カード番号、有効期限、支払い回数、セキュリティコード、メールアドレス(必須ではない)を入力し「確認して次へ」ボタンをクリック。

納付情報の確認とカード番号の入力

4.支払完了

内容の確認が表示されるため「支払を行う」ボタンをクリック。メールアドレスを入力した場合は、確認メールが送られる。

都税のクレジットカード支払い完了

手数料を払ってもクレジットカード納付はおトク?

では、今回の税金34,500円+315円=34,815円をクレジットカードで支払うのはおトクなのだろうか? 今回筆者が利用したカードは還元率2%のクレジットカードだ。つまり、34,815円の支払いで696円分のポインを獲得できる。315円の手数料を支払っても696?315=381円分おトクになる。

逆に還元率が0.5%程度のクレジットカードであれば、貯まるポイントは174円分のポイントとなり、315円の手数料を吸収することができない。つまり、都税のクレジットカード納付をする場合は、最低でも還元率1.0%以上のカードが必要ということだ。

手数料を支払わずに都税をクレジットカードで支払う方法は?

「手数料を支払わずに」と書いたが、「手数料分を請求時の割引と相殺する事で手数料を払わない」と言う方法を最初に紹介したい。請求時に1%OFFとなる「P-oneカード<スタンダード>」を利用して都税を支払うという方法だ。今回の34,815円を「P-oneカード<スタンダード>」で支払うと、請求時には348円引かれ、34,467円の引落しになる。手数料分が相殺され、かつ33円分おトクに支払うことが可能となる。「P-oneカード<スタンダード>」の支払いは電子マネーチャージなどでは1%OFFの対象外となるが、都税については1%OFFの対称となることは確認済みだ。

次に紹介する方法はnanacoを利用する方法だ。コラムでも何度も取り上げているが、バーコード付きの納付書であればセブンイレブンでnanacoを使って支払うことが可能となっている。還元率2.0%の「リクルートカードプラス」であれば電子マネーnanacoへのチャージが可能で、リクルートポイントも貯まる。つまり、34,500円の支払いで、nanacoチャージ時の690円分のリクルートポイントを貯めることができ、さらに納付時の手数料もかからない。現時点ではクレジットカードでチャージしたnanaco払いが最もおトクな支払方法となるだろう。

都税の支払いにクレジットカードが利用できるようになったが、東京都以外ではまだクレジットカードでの支払いができない地域があったり、東京都民でも住民税についてはクレジットカード納付ができない。まだまだnanacoチャージでポイントの貯まるクレジットカードは必須だろう。

[ANA・JALマイラーのための都税支払い方法] [nanacoで税金を支払う方法]

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 946

© 2013 ポイ探

Scroll to top