You Are Here: Home » コラム » mijicaにデビットカード機能追加! 残高が足りなくても口座から支払が可能に

mijicaにデビットカード機能追加! 残高が足りなくても口座から支払が可能に

mijicaにデビットカード機能追加! 残高が足りなくても口座から支払が可能に

mijica(ミヂカ)のデビットチャージ機能とは?

ゆうちょ銀行のプリペイドカード「mijica(ミヂカ)」にデビットカード機能が追加された。デビットチャージを設定することで、残高が足りなくなった場合、ゆうちょ銀行の口座から引き出され、自動的に支払われると言う仕組みだ。

Kyashがクレジットカードを紐付けておくと、Kyash残高が足りなくなった場合に、登録済みのクレジットカードから支払われるサービスと同じ仕組みとなる。

mijica(ミヂカ)でデビットチャージを有効化

mijicaサイトにログインし、「デビットチャージ利用設定」をタップ。「デビットチャージ設定」が「設定する」になっている場合はそのまま利用可能だ。「設定しない」になっている場合は「設定する」にチェックを入れ「確認」ボタンをクリックし、確認画面で「OK」ボタンをクリックすることでデビットチャージが有効となる。

プリペイドとデビットの機能をチェック!

では、デビットチャージ機能を設定したmijica(ミヂカ)を利用してみよう。

まず、1,000円をチャージした。いや、何度もチャージしたのだが、エラーとなってチャージができない。結局、諦めていたところ、翌営業日にメールが届き、チャージしようとしていた時間帯に「今すぐチャージがご利用できない事象が発生いたしました」と連絡があった。

そこで、再度1,000円をチャージ。今度はすぐにチャージが完了した。

1,000円チャージ後に900円を利用したところ、残高が100円となった。

mijicaの利用明細を見てみると、「VISA加盟店」で900円利用されたことを確認できる。これは、チャージした範囲内での支払だ。

続いて、残高の100円を超える支払を行ってみる。100円を超えた分は、ゆうちょ銀行の口座から支払われるはずだ。

今回は300円を同じように利用してみた。残高は0円となる。

mijicaの利用明細を確認しよう。

一番上に「デビットチャージ」として200円の入金がある。3行目に300円が「VISA加盟店」で利用されたことがわかる。

つまり、100円の残高では300円を利用できないため、最初に300円 - 100円 = 200円を入金し、300円になったところで支払が完了すると言う事だ。

続いて、ゆうちょ銀行の口座を確認してみる。最初の1,000円チャージ後、300円支払時の不足額200円がmijicaにチャージされていることがわかる。

ゆうちょ銀行の残高以上を利用した場合は?

最後にゆうちょ銀行口座の残高以上を利用してみたい。支払ってみたところ、mijicaでエラーが発生して支払ができなかった。

mijicaのwebサイトで「残高・取引明細照会」ページを見てみたが、前回と変わったところはない。続いて、ゆうちょダイレクトにログイン。「入出金明細照会」ページを見ても前回と変更がない。「メッセージボックスの確認」「利用結果確認」をそれぞれ見てみたが、mijicaのチャージに関するエラーメッセージは確認できなかった。

「カード利用エラー通知」という件名のメールが届いており、「エラー理由:残高不足」と書かれていた。

mijicaを使うときにはメールを確認しておくのが良さそうだ。

なお、チャージ上限は10万円だが、デビット機能を有効にしている場合は10万円以上の利用も可能となる。もちろん、口座に10万円以上の入金がなければならない。

新mijicaはコンタクトレス決済や暗証番号で利用可能に

新しいmijicaを見てわかるが、Visaのタッチ決済(Visa payWave)のロゴが付いている。日本国内ではローソンやマクドナルドなどコンタクトレス決済対応店舗では、mijicaをかざすだけで支払うことが可能だ。

また、ICチップ付きのカードとなっており、暗証番号を入力した取引も可能となっている。

ポイントプログラムはイマイチ

なお、mijicaのポイントは永久不滅ポイントとなるが、2,000円につき1ポイント(=5円相当)と、ポイント還元率0.25%は高いと言えない。貯まったポイントはmijicaにチャージして利用する事ができる。

なお、ポイントが2倍以上貯まる「ポイント優遇店」もあるが、2倍になっても0.5%還元であり、さらに地域によって対象店舗が異なる。

ポイントだけを考えた場合は、普通のクレジットカードを利用した方がおトクだろう。

mijica(ミヂカ)は、審査不要(満12歳以上)、チャージ不要、送金無料、3Dセキュアにも対応し、コンタクトレス決済にも対応している。ポイントのことを考えないのであれば、キャッシュレスの入門カードとしては非常に優れているのではないだろうか。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 866

© 2013 ポイ探

Scroll to top