You Are Here: Home » 電子マネー » タクシー向けキャッシュレス・ソリューション「KAZAPi」が交通系ICカードに対応

タクシー向けキャッシュレス・ソリューション「KAZAPi」が交通系ICカードに対応

タクシー向けキャッシュレス・ソリューション「KAZAPi」が交通系ICカードに対応

エム・ピー・ソリューションが展開するマルチ電子マネー決済ソリューション「KAZAPi」のタクシー向け端末が、2018年12月6日(木)より、交通系ICカードに対応した。

KAZAPiは、NECグループが各電子マネー会社・クレジットカード会社と協力して提供する電子決済サービスとなり、導入後は電子マネー・クレジットカード決済が利用できるようになる。

利用できる電子マネーは、WAON、nanaco、楽天Edy、iDに加え、Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけんとなる。Apple PayやGoogle Payに登録したSuicaも利用可能だ。対象のクレジットカードはVisa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club。

1台で複数の電子マネー・クレジットカード決済に対応し、全国各地のタクシーに導入が広がっている。2019年前半にはクレジットカードをかざして支払うことができるVisaのタッチ決済やMastercardコンタクトレスにも対応予定。さらに、コード決済のAlipayやWeChat Payにもオプションのバーコードリーダーで対応を予定している。

利用者は、乗車後に電子マネーやクレジットカードで支払うことで、それぞれのポイントを貯めることができる。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 5883

© 2013 ポイ探

Scroll to top