クレジットカード特集 コラム ゴールドカード ブラックカード プラチナカード

逗子海岸にオープンしたアメリカン・エキスプレスの海の家「AMEX BLUE HOUSE」に行ってきた!

2018年7月24日(火)~8月26日(日)の間に、逗子海岸でオープンしたアメックスの海の家「AMEX BLUE HOUSE」に行ってきたので紹介したい。

アメリカン・エキスプレス、逗子海岸に「AMEX BLUE HOUSE」をオープン

アメリカン・エキスプレスは、2018年7月24日(火)~8月26日(日)の間、逗子海岸に「AMEX BLUE HOUSE」をオープンすると発表した。 平日11:00~18:00、土日祝日は9:00~2 ...

続きを見る

なお、最近では海岸で写真を撮ると声をかけられることもあるため、今回はアメックスに事前に許可をもらって撮影している。

「AMEX BLUE HOUSE」とは? 設置場所など

逗子海岸にオープンしたアメックスの期間限定「海の家」だ。平日は11:00~18:00(ラストオーダーが17:00)、土日祝は9:00~20:00(ラストオーダー19:00)。

JR横須賀線の逗子駅から徒歩15分、京急の新逗子駅から徒歩20分程度で逗子海岸に到着する。今回は、JR横須賀線の逗子駅からタクシーを利用した。

タクシーを降りて、歩いて海岸に行ったが、そこから「AMEX BLUE HOUSE」までは意外と遠く3分程度歩いた。また、帰りはJR横須賀線の逗子駅までGoogleマップで調べて歩いたが、道があるのに遠回りの案内が出てくる(下のマップの×がある道は遠回り)。

AMEX BLUE HOUSEに向かう場合は「夢庵逗子店」を目指すのがおすすめだ。そこから横道を通って海に向かうのが一番早くたどり着くだろう(青い実線)。

「AMEX BLUE HOUSE」の設備は?

まず目に付くのが青と白の壁、白っぽい床板を使っており、海の家と言う感じはしない。

海に向かってのカウンター席や家族やグループで利用できるような席など、様々なテーブルが用意されている。

アメックス会員向けの席も用意されており、「Reserved」のマークがある。

アメックス会員席はソファーのような席となり、3席用意されている。今回はアメックスの会員席を利用した。

それぞれのテーブルでは有料となるが食事やドリンクの利用も可能だ。今回はハンバーガーを頂いたが、ボリュームはあるが食べやすい。

また、ココナッツのかき氷を頼んだが、コチラは1人では食べきれないくらいの量となる。数人で一緒に食べるのが良いだろう。

海の家のため、更衣室やロッカー、シャワールームもある。コチラも有料となるが、男性のシャワールームは2つ、女性のシャワールームは4つある。

シャンプー・コンディショナーなどはjohn masters organics(ジョンマスターオーガニック)の物が用意されている。シャンプーは清涼シャンプーとなっており、海の後に利用するとさっぱりする。アメニティもこだわっている事がわかるだろう。

なお、女性向けのロッカーや更衣室も許可を取って写真を撮影することができた。「AMERICAN EXPRESS」の鏡が大きくある。ちょっとしつこい感じもするが…。更衣室の大きさや鏡の設置、シャワールームが4つあるなど、女性向けの方が快適な作りになっている事がわかる。鏡に映っているのがロッカーだ。

なお、ロッカーやシャワー、ビーチパラソルを利用する場合は、事前に同意書の記入が必要となる。腕にブルーのバンドを付けられるが、このバンドがあるとロッカーやシャワーの利用が可能と言うことになっている。ロッカーの鍵も別途渡されるので無くさないようにしよう。

ちなみに、会計はアメリカン・エキスプレスのコンタクトレス決済にも対応しており、カードをかざすだけで支払うことも可能だ。また、Apple Payも利用できる。コンタクトレス決済で支払うと、抽選で「冷却タオル」をプレゼントするキャンペーンも実施中だ。

「AMEX BLUE HOUSE」に唯一ないのがお手洗いだ。お手洗いは、AMEX BLUE HOUSEの隣に設置されている逗子海岸の物を利用しよう。


「海の家=汚い」と言うイメージもあったが、AMEX BLUE HOUSEは非常にきれいで快適だった。が、快適なのは空いていたからと言う事も考えられる。席に座るのもシャワーの利用も並ぶことなく利用できた。アメックス会員向けの席もそれほど多くなく、アメックス会員が数組来るだけで利用待ちとなる(通常の席が空いていれば普通に座ることは可能だ)。

AMEX BLUE HOUSEは来年も継続して欲しいが、アプリで混雑状況などがわかると良いのかもしれない。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード, ブラックカード, プラチナカード
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース