You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » Mastercardブランドのブラックカード WORLD(ワールド)とWORLD ELITE(ワールドエリート)の違いとは?

Mastercardブランドのブラックカード WORLD(ワールド)とWORLD ELITE(ワールドエリート)の違いとは?

Mastercardブランドのブラックカード WORLD(ワールド)とWORLD ELITE(ワールドエリート)の違いとは?

クレジットカードは、一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードとステータスが別れている。

アメリカン・エキスプレスの場合は、アメリカン・エキスプレス・カード、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、プラチナ・カード、センチュリオン・カードときれいに別れる。

中には、JCBゴールド ザ・プレミアのようにゴールドなのかプラチナなのか判断のつきにくいカード(ゴールドという名称とプラチナの発行によりゴールドカードの位置づけ)や、ダイナースクラブカードのように2つのカードしかなく、ダイナースクラブ プレミアムカードはプラチナなのかブラックなのか判断つかないようなクレジットカードもある。しかし、基本的には4つのステータスで区別する事が可能だ。

ステータス アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ SURUGA Visaクレジットカード
一般カード アメリカン・エキスプレス・カード JCB一般カード SURUGA Visa クレジットカード
ゴールドカード アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード JCBゴールド ダイナースクラブカード SURUGA Visa クレジットゴールド
JCBゴールド ザ・プレミア
プラチナカード プラチナ・カード JCBプラチナ ダイナースクラブ プレミアムカード SURUGA Visa プラチナクレジット
ブラックカード センチュリオン・カード JCBザ・クラス SURUGA Visa インフィニット

国際ブランドとしてもステータスを分けている物もある。Mastercardは、スタンダード、ゴールド、チタン、プラチナ、ワールド(WORLD)、ワールドエリート(WORLD ELITE)の6段階となり、それぞれのステータスに応じた特典をMastercard側が用意しているのだ。6段階のステータスと、一般的な4段階のステータスで無理矢理対比させると以下のようになるだろう。SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカードがブラックカードになってしまうと言う矛盾も出てくるが、Mastercardのステータスで考えるとこのようになる。

種類 代表的なクレジットカード ステータス
スタンダードMastercard 一般的なMastercard 一般カード
ゴールドMastercard 一般的なMastercardブランドのゴールドカード ゴールドカード
チタンMastercard SuMi TRUST CLUB リワードカードのみ
プラチナMastercard 三井住友Mastercardプラチナカード、Orico Card THE PLATINUMなど プラチナカード
ワールドMastercard SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカード、ポルシェカードのみ ブラックカード
ワールドエリートMastercard ラグジュアリーカードのみ

Mastercardには、ゴールドMastercard以上のクレジットカードで受けられる特典「Mastercard Taste of Premium」があり、ゴールドカード以上の場合は、カード発行会社の特典に加え、Mastercardが用意した特典も用意できる。

以前はTaste of Premiumの特典一覧が表示されており、その特典を利用できるカードが表示されていた。カード会員以外でもどのカードが何の特典を利用できるかわかりやすかったが、サイトのリニューアル後は、カードの先頭10桁を入力すると、そのクレジットカードで利用できる特典一覧が確認できるように変わっている。自分のカードで利用できる特典は確認しやすくなっているが、カード特典を比較したい場合には使いにくい。

おそらく、2016年11月に誕生したラグジュアリーカードのワールドエリート(WORLD ELITE)が登場したことにより、サイトをリニューアルしたのだろう。

ワールドエリート(WORLD ELITE)の特典が追加されたことで、ワールド(WORLD)の特典との違いがわかりにくくなった。そこで、「SuMi TRUST CLUBリワード ワールドカード」を申し込んで、Taste of Premiumの比較を行ったので紹介したい。

それぞれの特典を表でまとめた。

ワールド ワールドエリート
対象クレジットカード SuMi TRUST CLUBリワード ワールドカード、ポルシェカード ラグジュアリーカード
WINE PRIVILEGES Mastercardの利用で、赤・白のボトルワインを1本サービス(中国・香港・シンガポール)
国内ゴルフ 全国約1,900コースのゴルフ場手配、約150コースの優待価格ゴルフ場の案内
空港クローク優待サービス 1個につき10%OFF
海外用携帯電話・Wi-Fiレンタルサービス 海外Wi-Fiルーター:通信料15%OFF、海外携帯電話:通信料15%OFF、レンタル料金50%OFF
海外ホテル 海外ホテル10%OFF、海外ホテル+航空券2,500円OFF
国内高級ホテル・高級旅館 全国のハイクオリティーなラグジュアリーホテルや高級旅館約900施設の利用
国際線手荷物無料宅配 出発・帰国時2個まで 出発・帰国時3個まで
ヘリクルーズ マスターカードオリジナルプログラムでの東京上空からの夜景
歌舞伎・能 歌舞伎・能のチケット手配
ダイニング BY 招待日和 全国約200店の有名レストランで2名以上での利用時に1名分無料
会員制ゴルフ ビジターだけでは利用できないメンバー限定コースの利用
海外有名ゴルフコース手配サービス 宿泊も予約すると、海外の有名ゴルフ場を手配可能
空港送迎優待サービス(自宅~国際線空港) 出発・帰国時に空港送迎優待サービス
海外空港送迎サービス(国際線空港~ホテル) 海外旅行時に空港からホテルまでのハイヤー手配
カーシェアリング特別優待 カード発行手数料無料、月額基本料3ヶ月無料
「スポニチゴルファーズ倶楽部」特別入会 通常年間24,000円(税抜)の年会費が20,000円(税抜)で利用可能
「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」 MASTERCARD限定宿泊プラン オアフ島に位置するホテルでの特別宿泊プラン

異なるサービスが2つある。1点目は国際線手荷物無料宅配サービスだ。国際線を利用する際に、自宅から空港までや空港から自宅までスーツケースを無料で宅配できるサービスとなる。ワールドの場合は2個まで、ワールドエリートの場合は3個までとなる。手荷物が多い人にはワールドエリートのラグジュアリーカードは良いだろう。

続いて、空港送迎優待サービスがワールドエリートでは利用できるが、ワールドの場合は利用できない。この特典は、空港と自宅などをハイヤーで送迎してもらうサービスとなり、通常予約と料金は同じだが、車種のアップグレードがあるサービスだ。

違いはこの2点となり、ワールドエリートとしてのサービスはそれほど多い物ではないかもしれない。もう少し、ワールドエリートとしてのサービスを追加した方が良いのではないだろうか。

この点で考えると、「SuMi TRUST CLUBリワード ワールドカード」は優秀なカードと言えるだろう。年会費は12,000円(税抜)で家族カードの年会費は無料。招待日和なども利用できる。

ポイントは100円につき3ポイント、年間50万円で2,500ポイント、年間100万円以上で6,000ポイント獲得できる。例えば、Amazonギフト券の場合は6,000ポイントが2,000円分、楽天スーパーポイントの場合は4,000ポイントが1,000円分の楽天スーパーポイントだ。1ポイントの価値は0.25円~0.33円程度。Amazonギフト券へのポイント交換時には100万円の利用で36,000ポイント=11,880円分を獲得できるため、還元率は1.19%程度と言う事だ。還元率もそれなりに高く、Mastercard Taste of Premium特典もほぼ利用できる。コストパフォーマンスは良いカードと言えるだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 962

© 2013 ポイ探

Scroll to top