You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » セディナ プラチナカードのサンリオピューロランド特典がパワーアップ! 館のレストランでのショーも

セディナ プラチナカードのサンリオピューロランド特典がパワーアップ! 館のレストランでのショーも

セディナ プラチナカードのサンリオピューロランド特典がパワーアップ! 館のレストランでのショーも

2017年11月より、セディナ プラチナカードに付帯するサンリオピューロランド特典「プレミアムパッケージ」がパーアップしている。

従来のピューロランド特典は、「館のレストラン」のVIPルームを利用でき、パレードの優先席が確保されている、と言う特典だった。

この特典に、ピューロパスの特典が追加され、この特典を2017年度中に確認しようと思っていたが、2018年3月は予約できなかった。今回は早めに権利確定しておくために5月に行ってきたので紹介したい。

ピューロパス(PUROPASS)とは?

新たに追加されたのがピューロパス(PUROPASS)特典となる。ディズニーリゾートのファストパスやUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のエクスプレス・パスと同じようなチケットと考えればわかりやすい。

ピューロパスは3つあり、「ピューロランド優先入場PUROPASS」「アトラクションPUROPASS」「パレードPUROPASS」だ。

ピューロランド優先入場PUROPASSは一般の利用者よりも先に館内に入場できるチケット、パレードPUROPASSはパレードを前方で鑑賞できるチケット、アトラクションPUROPASSはアトラクションの優先利用ができるチケットとなる。

アトラクションPUROPASSには、体験型アトラクションとシアターアトラクションの2つあり、それぞれの対象アトラクションが異なるので注意が必要だ。体験型アトラクションは「マイメロードドライブ」「ぐでたまらんど」「サンリオキャラクターボートライド」「レディキティハウス」の4つ。シアターアトラクションは「メルヘンシアター」「フェアリーランドシアター」「ディスカバリーシアター」が対象となる。

ピューロパスの種類 対象 条件 料金
ピューロランド優先入場PUROPASS 1枚 1,000円(税込)
アトラクションPUROPASS マイメロード ドライブ、ぐでたまらんど、サンリオキャラクターボートライド、レディキティハウス 1枚 500円(税込)
ファミリータイプ(4名まで) 1,000円(税込)
メルヘンシアター、フェアリーランドシアター 1席 1,000円(税込)
ディスカバリーシアター 1席 500円(税込)
パレードPUROPASS 1席 2,000円(税込)

今回、セディナ プラチナカードのサンリオピューロランド特典で追加されたのが「アトラクションPUROPASS」の「体験型アトラクション(ファミリータイプ)」となる。

予約時の人数分のチケットがもらえる

サンリオピューロランド プレミアムパッケージを予約するには、セディナプラチナカードデスクに電話する。利用したい日付を伝えるか、空いている日を聞いて予約する事になる。今回は、空いている日時を確認して予約することにした。

予約後は、1週間程度で「館のレストラン特別室ご予約券」と「PUROPASS(ピューロパス)F引換券」が送られてくる。「F」とはファミリータイプと言う事だろう。

利用日、予約人数に加え「お渡し枚数」が表示されている。ファミリータイプのピューロパスは4名の利用となるが、今回は5名で予約していたため、ピューロパスは2枚と人数分のチケットをもらうことが可能だ。

館のレストランではキティちゃんのショーも優先席が確保

いつもと同じく、館のレストランに行き、VIPルームを利用した。人気キャラクターが会いに来てくれ、写真を撮ったり、サインしてもらったりと20分ほど楽しむ。VIPルームを利用できるのは11時~12時までのため、意外と食事の時間がない。

12時には館のレストランでキティちゃんのショーも開始。前回はこのショーがなかったのだが、調べてみたところ特に新しい特典でもないようだ。

このキティちゃんのショーも予約席が用意されている。予約席はVIPルームの前の席だ。

パレードも優先席が用意されている

ショーを楽しんだ後はパレードだ。パレードは13時から開始となるが、パレードも優先席が用意されている。

キャラクターの椅子が人数分用意されており、場所取りをする必要がない。一番前でパレードを楽しむことができ、キャラクターもたくさん来てくれる。

PUROPASS(ピューロパス)を使って「マイメロードドライブ」利用

最後に、新たに追加されたPUROPASS(ピューロパス)を使ってマイメロードドライブを利用することにした。

PUROPASS(ピューロパス)の販売場所で引換券を渡すとファミリータイプのピューロパスに引き換えられる。ピューロパスは利用できる時間が決まっているが、今回はどの時間帯でも選ぶことができた。

引き換えたピューロパスを持ってマイメロードドライブに行くと、「PUROPASS(ピューロパス)」と書かれているレーンがあるので、そこに並ぶ。

列をみたところ40分待ちとなっていたが、すぐに利用することができた。

セディナ プラチナカードのプレミアムパッケージは12名まで予約可能だ。2~4人程度で利用すると、少しさみしい感じもするため、友達同士で利用するのがお勧めだ。

館のレストランのVIPルーム利用とパレード優先席だけでも魅力的だが、さらにアトラクションの優先利用が追加され、セディナ プラチナカードはピューロランド好きには入手したいクレジットカードだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 964

© 2013 ポイ探

Scroll to top