電子マネー

神戸-関空ベイシャトル、電子マネーによる決済サービスを導入

エム・ピー・ソリューションは、2018年5月1日(火)より、神戸空港~関西空港を結ぶ高速船「神戸-関空ベイシャトル」に電子マネー決済ソリューション「KAZAPi」と「JMMS」を導入したと発表した。

神戸空港・関西空港チケット売り場の券売機・販売窓口で国内主要電子マネーを利用できるようになった。

電子マネーの利用時には、各電子マネーサービスのポイントが貯まる。JMB WAONを利用すると200円につき1マイルが、AMCのEdyでは200円につき1マイルためられる。

対応している電子マネーは、楽天Edy、WAON、Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけんとなり、窓口ではiD、券売機ではQUICPayとPiTaPaの利用が可能だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース