You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » Orico Card THE PLATINUMを申し込んだ! 申し込んだ理由とOrico Card THE PLATINUMの特典とは?

Orico Card THE PLATINUMを申し込んだ! 申し込んだ理由とOrico Card THE PLATINUMの特典とは?

Orico Card THE PLATINUMを申し込んだ! 申し込んだ理由とOrico Card THE PLATINUMの特典とは?

2017年末に楽天ブラックカードをMastercardからJCBブランドに切り替えた。この切り替えと同時に申し込んだのがOrico Card THE PLATINUMとなる。

なぜ、Orico Card THE PLATINUMを申し込んだのか紹介しよう。

筆者は紹介するカードは基本的に保有している。プラチナカードやブラックカードも例外ではなく、実際に使ってレポートすることにしている。

この、楽天ブラックカード(Mastercard)から楽天ブラックカード(JCB)に切り替えたことで、使えなくなったのがMastercardコンシェルジュデスクだ。Mastercardコンシェルジュデスクは使い勝手が悪いため、MastercardからJCBにブランド変更をしたのだが、このままではMastercardコンシェルジュデスクの使い勝手を検証することができなくなってしまう。今後Mastercardコンシェルジュが使いやすくなる場合もあるだろう。

その場合に向けて申し込んだのがOrico Card THE PLATINUMと言うわけだ。国際ブランドはMastercardのみとなり、コンシェルジュデスクもMastercardコンシェルジュデスクとなる。従って、今後、Mastercardコンシェルジュデスクの使い勝手が向上した場合には、Orico Card THE PLATINUMのコンシェルジュデスクを使って検証すれば良い。

これだけだと、楽天ブラックカードをそのままMastercardブランドにしておけば良いと思われるだろう。

Orico Card THE PLATINUMを申し込んだ理由がもう一つある。プラチナカードに付帯する国際線空港ラウンジを利用するには、プライオリティ・パスが一般的だろう。

楽天ブラックカードでもプライオリティ・パスを利用することができるが、Orico Card THE PLATINUMの場合はラウンジ・キー(LoungeKey)となる。ラウンジ・キーを利用できるクレジットカードは、発行終了したSBIプラチナカード、SBIワールドカードに加え、Orico Card THE PLATINUMとジャックスカードプラチナとなる。

ラウンジ・キーの登録方法や使い勝手も紹介するにはラウンジ・キーが使えるカードを保有しなければならない。そこで、楽天ブラックカード(Mastercard)を楽天ブラックカード(JCB)に変更し、Orico Card THE PLATINUMを別途申し込むと、Mastercardコンシェルジュデスクを利用でき、ラウンジ・キーも新たに検証できるというわけだ。

では、Orico Card THE PLATINUMの特典を紹介しよう。

まず、ポイント還元率は、デフォルトで1%となる。これは年会費無料のOrico Card THE POINTと同じ還元率だ。さらに、オリコモールの利用で+1%。もちろんオリコモールを利用した場合にはモールのポイントも獲得できる。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDとOrico Card THE PLATINUMの場合は、iD・QUICPayの利用は+0.5%となり、Orico Card THE WORLDとOrico Card THE PLATINUMは海外利用分のポイント加算もある。さらに、Orico Card THE PLATINUMだけの特典として誕生日月の+1%がある。

Orico Card THE POINT Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD Orico Card THE WORLD Orico Card THE PLATINUM
年会費 無料 1,950円(税込) 9,800円(税込) 2万円(税込)
基本ポイント 1.0%
入会6ヶ月間 +1.0%
オリコモール利用の上乗せ +0.5% +1.0% +0.5% +1.0%
iD・QUICPay利用の上乗せ +0.5% +0.5%
海外利用の上乗せ +1.0% +0.5%
誕生日月の上乗せ +1.0%
国際ブランド Visa、Mastercard、JCB Visa、Mastercard、JCB Visa、Mastercard Mastercard

次に、ポイント以外の付帯特典を見てみよう。Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDの場合はOrico Club Offの利用が可能となるが、Orico Card THE PLATINUMはOrico Club Off VIPの利用が可能だ。

福利厚生サービスを利用できるサイトがClub Offとなり、チケットや宿泊施設、レストランなどの割引特典が利用できる。

上記画像を見ると【VIP会員】となっていることがわかるだろう。Club OffのVIP会員は月額500円(税抜)の有料会員となるが、Club OffのサービスをVIP会員料金で利用できる特典がある。この、500円(税抜)の利用料金もOrico Card THE PLATINUMの年会費に含まれているということだ。

さらに、国際線手荷物宅配サービスを利用すると、出発・帰国時に2個までスーツケースなどを空港・自宅間で無料宅配可能となる。

コース料理を2名以上で予約すると1名分の料理が無料となるTASTE OF PREMIUMダイニングBY招待日和の利用も可能だ。

最後に、意外なメリットとして、Orico Card THE PLATINUMの年会費は税込価格で2万円となる。多くのクレジットカードの年会費は税抜価格となっているため、消費税が8%の場合は税込で21,600円。消費税が10%になると22,000円と2,000円も違いが出てくる。2,000円分をポイントや付帯特典で回収するのはなかなか大変であることを考えると、2万円(税込)というのは非常に大きな特徴といえるだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 971

© 2013 ポイ探

Scroll to top