クレジットカード特集 コラム 一般カード

自転車保険加入の義務化が加速 クレジットカード利用者向けだとおトクに加入することも可能

先日、あるクレジットカード会社から『自転車保険加入「義務化」の動きが加速している』とのメールを受け取った。

2015年10月には兵庫県、2016年7月には大阪府、2018年4月に予定されているのが京都府となっている。

保険プランを見ると本人型の場合は3,750円となるが、家族全員が対象となる家族型が年間7,230円。"安い"か"高い"かと考えた場合、正直"高い"と感じた金額だ。

自転車保険でなくてもOK

「自転車保険」で検索すると、年間7,000円前後と言うのは平均的だ。ただし、色々検索していると、いわゆる自転車保険ではなく「個人賠償責任保険」で自転車での事故も対応できることがわかった。

同じカード会社の保険でも、「自転車保険」と「個人賠償責任保険」では掛け金が異なり、「個人賠償責任保険」の方が安くなる場合が多い。

個人賠償責任保険に入院保険等を上乗せしているものを「自転車保険」や「自転車コース」として販売しているようで、どんどん削っていくと、掛け金が安くなるというわけだ。

自分のケガや入院よりも、賠償責任だけで十分と考えているため、賠償責任が1億円程度となる保険を調べることにした。

家族型で年間3,000円前後で自転車保険を付けられる

JCBカード、セゾンカード、NICOSカード、イオンカード、三井住友カード、エポスカードで個人賠償責任保険を調べると以下のようになる。

JCBカード セゾンカード NICOSカード イオンカード 三井住友カード エポスカード
保険名称 JCBトッピング保険 自転車プラン(基本) Super Value Plus ご迷惑安心プラン[U] ハンディー保険 日常生活賠償プラン ネットでかんたん保険 日常生活賠償プラン ポケット保険 自由設計コース エポラク傷害保険 自由設計コース
保険会社 損害保険ジャパン日本興亜 セゾン自動車火災保険 損害保険ジャパン日本興亜 損害保険ジャパン日本興亜 三井住友海上火災保険 三井住友海上火災保険
月額 280円 300円 150円 260円 250円 250円
示談交渉
弁護士相談
個人賠償責任 1億円 1億円 1億円 1億円 1億円 1億円
死亡・後遺障害 100万円 100万円 400万円
入院保険金日額 1,000円 500円 500円
入院中に受けられた手術 1万円
外来で受けられた手術 5,000円

特にNICOSカードの月額150円は安いだけでなく、死亡・後遺障害でも100万円の補償だ。ただし、MUFGカードやDCカードではハンディー保険に加入できないので注意しよう。

バランスが良いのはJCBトッピング保険だろう。死亡・後遺障害に加え、手術や入院での補償もある。

ほとんどの保険は示談交渉サービスもあり、家族型でも月額は150円?300円程度。「自転車保険」で検索するより安くなるため、上記のようなクレジットカードを保有している場合は、検討してみてはいかがだろうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, 一般カード
-, , , , , , , , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース