You Are Here: Home » コラム » ドトールコーヒーでドトール バリューカードのポイントを貯め、使うための注意点

ドトールコーヒーでドトール バリューカードのポイントを貯め、使うための注意点

ドトールコーヒーでドトール バリューカードのポイントを貯め、使うための注意点

先日エクセルシオールカフェのアプリについて紹介した「カフェオレ1杯で15Tポイントゲット! エクセルシオールのスマホアプリを試してみた」が、経営企業は一緒でも、ドトールコーヒーショップはターゲット層が異なることもあり、アプリではなくポイントカードを発行している。今回は「ドトール バリューカード」について紹介する。

「ドトール バリューカード」サービス概要

バリューカードにチャージを行うことでドトール店頭全商品の買物ができる。また、チャージ時・利用時共にポイントが貯まり、ポイントも利用することができるサービスだ。

カード自体は300円で販売されているが、あらかじめ300ポイント付与されているので、実質無料という扱いだ。

カードでの買い物100円ごとに1ポイントが付与され、10ポイント=10円単位から利用が可能である。

チャージはwebで、2,000円以上が鉄則

チャージ自体は店舗でも行えるが、現金のみのチャージとなる。ここはチャージでのドトールポイントとクレジットカード決済によるポイントの二重取りを行いたい。

「マイドトール」というwebサイトでポイントカード情報を登録することで、クレジットカードのチャージが可能となる。ポイント付与率のアップにもマイドトールへの登録が必要になる。ポイントを活用したい場合は登録必須といえる。

また、1,000円からチャージが可能であるが、ポイント付与されるのは2,000円以上のチャージに限られるので注意が必要だ。

最終利用から3年は有効なので、当カードを発行してドトールを利用していくのであればチャージは1回2,000円以上を徹底したい。

チャージ時のポイント付与率ルール

カード利用での会計時は一律100円1ポイント付与とシンプルであるが、チャージ時のポイント計算が覚えづらいものとなっている。

9月15日を起算とする1年間の利用額に応じて、10月1日から1年間のチャージ率が決定する。

年間利用額 ポイント付与率
0円?19,999円 5%
20,000円?49,999円 7%
50,000円? 10%

チャージ額ではなく、利用額の合計であることに注意が必要だ。

8月末段階で年間利用額のボーダーに迫る場合は、9月前半にコーヒー製品等を購入し、一つ上のランクにしておくと翌年度のポイントがぐんと増える。

レジで並びながらクレジットチャージは可能か?

パンフレットには「レジで会計を待っている間にもスマホから簡単にクレジットチャージが可能」と書かれていた。

実際webサイトからチャージを行うには、マイドトールログイン→チャージ用のPINコード入力→クレジットカード情報入力→クレジット決済パスワード入力の手段を必要とする。

ログイン用カードID、クレジットカード情報は登録が可能で2回目以降は入力不要に出来るが、レジで並びながらのチャージは3?4人は並んでいないと難しいと感じた。

レジでの利用は「バリュー」と「ポイント」の特性理解が必要

ポイントカードには、チャージをした「バリュー」と「ポイント」が貯まっており、レジでどちらを優先利用できるか店員に指示ができる。

ポイント利用期限が最終利用から1年、バリューが最終利用から3年であるので、基本的にはポイントから利用したいが、ポイント利用分にはポイントは付与されず、年間利用額にも反映されないので、利用額を確認し適切に優先順位を決めたい。

なお、バリューカード利用時はTカードの併用は不可となる。

2,000円のチャージで最低100ポイント、更に利用時にも1%のポイント付与があるため、月一回程度の利用であっても、1年間利用すればコーヒー一杯分くらいはおトクになるのではないだろうか。

電子マネー決済+Tポイント利用時と比較して、よりお得になりそうであれば所持を検討してみてほしい。

About The Author

ヒロセマリ

単身者で収入も支出も限られる中、趣味を満喫するためにポイント・マイルを貯めては国内旅行と買い物を楽しんでいます。ポイントは使って初めて「おトク」が確定するのでどんどん使います。「またポイントでただなの?」と友人に言われるのが喜びです。JALカード TOP&ClubQ、アトレクラブビューSuicaカードの2枚をメインに、ポイント3重取りを心掛けていますが、細かく、複雑になり過ぎないように、少ない手間で「気が付けばまたポイントが貯まっている」という環境作りを心掛けています。読んでくださる方が現実的に実行しやすい情報、判断基準となる情報を提供し、皆さんの豊かなポイントライフのお役にたちたいと思っています。

Number of Entries : 63

© 2013 ポイ探

Scroll to top