クレジットカード特集 コラム ブラックカード プラチナカード

真冬に南国に行く場合に便利なコート(防寒具)無料預かりサービスを使ってみた 邪魔なコートもすっきり

2016年12月27日

真冬に南国や真夏の国に行く場合に困るのが空港まで着ていくコート(防寒具)だ。コートはかさばるが旅行中には必要ない。そんなときに便利なサービスが、コート無料預かりサービスだ。

プラチナカードやブラックカードによっては空港でコートを無料で預かってくれる特典があるものもある。

コート預かりサービスとは?

コート預かりサービスは、成田空港(第1ターミナル、第2ターミナル)、羽田空港国際線ターミナル、関西国際空港、中部国際空港で利用が可能だ。前回紹介した国際線手荷物無料宅配サービスと同じカウンターでの受付となる。

成田空港、中部国際空港、関西国際空港の場合は、4日以内であれば1,030円(税込)、羽田空港国際線ターミナルの場合は1日毎に200円(税込)となる。

なお、羽田空港国際線ターミナルを除いては、2着以上を預けると10%OFFになる特典も用意されている。

コート無料預かりサービスの対象クレジットカードは?

コート無料預かりサービスの対象カードとしては、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード、JALカード プラチナ(MUFG)、SuMi TRUST CLUBプラチナカード、SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカード、ダイナースクラブ プレミアムカードなどがある。

対象のクレジットカードであれば家族カードでも利用可能となるため、本会員と家族会員それぞれ1着ずつ無料で預けることが可能だ。

今回は、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを家族カードを含めて利用することにした。MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費が2万円(税抜)、家族カードは1人目までは無料となり、プレステージ会員のプライオリティ・パスも家族分まで発行可能、コンシェルジュデスクや2名以上のコース料理予約で1名が無料となるレストラン特典なども付帯する。インビテーションも不要のため、プラチナカードを持っていないけど、使ってみたいという場合におススメだ。

コート無料預かりサービスの利用方法は?

空港のJAL ABCカウンターで、コートと搭乗券(またはチケット予約確認書)、対象のクレジットカードを提示することで預けることが可能だ。今回提示を求められたのはパスポートとクレジットカードとなる。

成田空港第1ターミナルのJAL ABCカウンターでは、子供のコートは無料で預けられた(大人のコートの付属品という扱い)ため、大人2人が無料+子供はすべて無料と非常におトクな特典だろう。

実際にコートをまとめてみると、5人分のコートが非常に邪魔だということがわかるだろう。コート無料預かりサービスを使えば、わざわざコンパクトになるようなコートを着ていく必要もない。

コートの受取場所は?

コートの受取は、出発ロビーではなく到着ロビーに移動してくれているため、到着ロビーにあるJAL ABCカウンターで受取が可能だ。

受け取る場合も、対象のクレジットカードと搭乗券(またはチケット予約確認書)が必要と書かれているが、名前を伝えるだけで受け取ることができた。受付時に「防寒具預り証」を受け取っているため、そちらを渡すのが早いだろう。


国際線手荷物無料宅配サービスが往復3,800円(税込)、コート預かりが1,030円(税込)×2となるため、プラチナカードなどを利用すると5,860円(税込)を節約することができる。

5,860円(税込)を節約してもそれ以上に年会費のほうが高いが、それ以外の特典も上手に利用すれば、2万円程度のプラチナカードの年会費はすぐに回収できるだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ブラックカード, プラチナカード
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース