You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » JCBザ・クラスやJCBゴールド ザ・プレミア保有者は、京都駅にある「JCB Lounge京都」は荷物を預けて観光できる!

JCBザ・クラスやJCBゴールド ザ・プレミア保有者は、京都駅にある「JCB Lounge京都」は荷物を預けて観光できる!

JCBザ・クラスやJCBゴールド ザ・プレミア保有者は、京都駅にある「JCB Lounge京都」は荷物を預けて観光できる!

大阪・京都と2泊の旅行だったが、大部分がクレジットカードの特典を活用した旅行だった。最後に紹介するのは京都駅にある「JCB Lounge京都」。

京都劇場JCB Lounge京都は、JCBザ・クラスやJCBゴールド ザ・プレミアなどの保有者向けのラウンジとなる。京都駅にある「京都劇場」を目指すとわかりやすい。

対象のクレジットカードを保有していると1枚につき同伴者1名まで利用可能だ。今回は三男分はカウントされないとしても、長男・次男分が必要のため、本カードと家族カードの2枚を提示して利用した。

JCB Lounge京都の中ラウンジでは、無料ドリンクやPCやケータイのための電源確保、無料Wi-Fiなどのサービスを利用できるため、ちょっとした仕事をすることもできる。今回、入室して他の利用者の状況を確認すると、1人で利用している方が多く、観光よりもビジネスとして利用している人が多いように感じられた。

ラウンジというと、中で時間までくつろぐという使い方が一般だが、JCB Lounge京都については、観光前の手荷物を預かってもらえるラウンジとして使うのが良いだろう。

ホテルや旅館をチェックアウトし、まずは京都駅に向かう。JCB Lounge京都に着いたら手荷物を預かってもらおう。身軽になってから観光に出かける。観光が終わって新幹線に乗る前に、もう一度JCB Lounge京都に行き、飲み物をいただきながら新幹線の時間までゆっくり過ごす。

このような使い方をしている人も多いため、ラウンジ内を利用している人は観光客というよりはビジネス客となるのだろう。

JCB Lounge京都を使う際の注意点としては、タクシーで京都駅に向かう場合、「京都劇場側」に停車してもらおう。新幹線の改札口からは結構な距離がある。また、距離があるということは、新幹線の時間ギリギリまでくつろぐことはできない。乗車時間の15分前には出たほうが良いだろう。

コンシェルジュデスク経由で新幹線や宿の手配をした場合は、JCB Lounge京都まで手荷物を無料で送れるサービスがあると、より便利に使えるようになるのではないだろうか。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 1001

© 2013 ポイ探

Scroll to top