コラム 共通ポイント

StockPoint for CONNECTの「株主になろう!キャンペーン」に当選すると、すぐに1株交換可能!

2020年7月1日(水)から開始した株価にポイントが連動するサービス「StockPoint for CONNECT」でポイント運用サービスを楽しんでいるが、「株主になろう!キャンペーン」で王子ホールディングスが当選。その後、ENEOSホールディングスも当選した。

StockPoint for CONNECTで1株分ポイントが当たった! 当たった銘柄は?

Pontaポイントや永久不滅ポイントなどを株価連動で運用することができるサービス「StockPoint for CONNECT」が2020年7月1日(木)より開始し、7月15日(水)~8月31日(月) ...

続きを見る

なお、毎日10名に3,000~1万円程度の1株分のポイントが当たる「Excellent!賞」は、2020年7月26日(日)~8月1日(土)までは以下の3銘柄に変わっている。

当たる銘柄 当選数 7月28日(火)時点での株価
トヨタ自動車 約20名様 6,636円
ソニー 約20名様 8,258円
東日本旅客鉄道 約20名様 6,853円

「株主になろう!キャンペーン」では、当選した株価分のキャッシュポイントが付与されるだけだと思っていた。王子ホールディングスの場合は478ポイント程度、ENEOSホールディングスは392.3ポイント程度が付与され、それらのポイントはどの銘柄に連動するかは自由。筆者はこのように考えていたのだが、実際にポイントが付与されると、既に王子ホールディングスとENEOSホールディングスのポイントに連動した状態となっていた。

StockPoint for CONNECTで株に交換できる銘柄一覧

StockPoint for CONNECTで株に交換できる銘柄一覧

従って、既に1株分のポイントが貯まっているためCONNECTに交換すれば1株に交換できることになる。「株主になろう!キャンペーン」は8月31日(月)まで実施しているため、これからはじめても1株分のポイントが当たる確率はまだある。「Excellent!賞」が当たったと報告できれば良いのだが。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, ,

© 2020 ポイ探ニュース