コラム マイレージ 外資系航空会社

キャセイパシフィック航空「アジア・マイル」のおトクな使い方 エリアによっては少ないマイルで旅行も可能

2016年8月29日

今回は、キャセイパシフィック航空のマイレージプログラム「アジア・マイル」のおトクな使い方を解説したいと思う。

アジア・マイルは、飛行機に搭乗して貯める他に、アメリカン・エキスプレス・カードの「メンバーシップ・リワード」のポイントから移行することもできる。そのため、最近のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのキャンペーンで、大量にポイントを稼いだは良いが、ANAへの移行制限(年間8万ポイント)のため、思ったようにANAに乗れない、、、といった方にもオススメの方 法である。

アメックスのキャンペーンについては、以前コラムにも書いた。

久々の大量マイル獲得可能なキャンペーン! アメックスゴールド入会キャンペーン

目次1 アメリカンエキスプレスの公式サイトからの入会2 ポイントタウン by GMO 経由の入会 クレジットカードの入会キャンペーンは、大量マイルの獲得が可能な事が多く、陸マイラーとしては常にチェック ...

続きを見る

また、提携のクレジットカード「キャセイパシフィック MUFGカード」もあり、比較的マイルは貯めやすい。

必要マイル数

アジアマイルで特典航空券を取る際に必要となるマイル一覧は下記の通り。

狙い目は、ゾーンBのビジネスクラス(距離1,201~2,500マイル)

ゾーンBの必要マイル数を見ると、ビジネスクラス往復で50,000マイルと、他社に比べて少なめになっていることがわかる。東京を起点に考えると、東南アジアへのC特典は、JALの場合でだと80,000マイル。ANAでも55,000~63,000マイルのため、アジア・マイルだと比較的少ないマイル数で取ることができる。

具体的に距離1,201~2,500マイルというと、東京からだとベトナムあたりが該当する。つまり、

トナムにビジネスクラスで行きたい時はアジア・マイルがおトク

ということになる(逆に、タイやシンガポールだと、他社と同様または他社より多いマイル数が必要になってしまう)。

バンコクに行きたい場合は・・・

福岡からの距離を調べて見ると、

福岡-香港 : 1,273マイル

香港-バンコク : 1,046マイル

となっており、福岡から香港経由でバンコクまでの距離は、合わせて2,319マイル!

つまり、ゾーンBに含まれるということだ。

福岡から香港経由でバンコクまで、という旅程であれば、ビジネスクラス往復が50,000マイルで取れてしまう。

アメックスポイントの利用、という観点から考えると、9,000ポイントをブリティッシュ・エアウェイズのエグゼクティブ・クラブのマイル「Avios」に移行し、50,000ポイントをアジア・マイルに移行することにより、

福岡までは、ブリティッシュ・エアウェイズのAviosで往復9,000マイル。福岡から香港経由バンコクまでアジア・マイルで50,000マイル。トータル59,000マイルで東京や大阪、名古屋あたりからバンコクまで行けるということになる。

 


このように、行き先によって、ポイントの移行先航空会社を変え、そしてそれらを組み合わせて工夫することにより、少ないマイル数で旅行ができることがあるので、各自いろいろと調べて見ると良いだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

IT系の会社に勤めるサラリーマンです。 2006年頃からマイレージに興味を持ち、最初はJAL/ANAで、マイルを稼ぐために飛行機に乗る、いわゆる”マイル修行僧”をやっていました。その後は、マイル・ポイントを貯めるためにホテルに泊まるという、”ホテル修行”を始め、多いときは年間100泊近くホテルに泊まっていたりもしました。 現在はクレジットカードやポイントサイトに興味を持ち、様々な方法でマイル・ポイントを稼いでいます。クレジットカード保有枚数は32枚です。また、最近はマイレージの貯め方などのセミナーも実施しています。 以前、ポイントマニアとして何度かテレビに出たこともあります。(ガイアの夜明けや、がっちりアカデミーでデンジャラスのノッチさんと共演等。)

-コラム, マイレージ, 外資系航空会社
-, , , ,

© 2022 ポイ探ニュース