クレジットカード特集 コラム ブラックカード プラチナカード

JCBザ・クラス、ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドのリーダーズクラブ特典を追加

JCBザ・クラス用のサイトにログインしたところ「海外ラグジュアリー・ホテル・プラン NEW」との表記があった。説明には「世界各地のラグジュアリーなホテルに、さまざまな特典つきで宿泊できる優待サービスです」とある。

対象は、ザ・クラス本会員または家族会員が1名以上含む宿泊となる。詳細ページを確認すると「JCBプラチナ会員以上」と表記があり、JCBザ・クラスは対象になるのはもちろんだが、提携カードの「セディナ プラチナカード(JCB)」なども対象となる場合があるようだ。ただし、「JAL・JCBカード プラチナ」は対象外となるなど、プラチナカードでも対象・対象外が存在するため、保有カードを確認して欲しい。

どんな特典があるの?

例えば、「グランド ハイアット ソウル」の優待内容には次のように書かれている。

  • 朝食サービス(コンチネンタルブレックファストまたはアメリカンブレックファスト/2名様まで)
  • ワンランク上のお部屋にアップグレード(チェックイン時の空室状況による)
  • レイトチェックアウト(チェックイン時の空室状況による)

ホテルの上級会員でなくても部屋のアップグレードや朝食などが付くのは嬉しいサービスだ。

ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドのリーダーズクラブ特典も利用可能

次に、「ザ オークラ プレステージ バンコク」の優待内容を見ると「ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド優待」との表記がある。ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドのリーダーズクラブの特典は以下の様なものだ。

  • リーダーズクラブ会員限定の宿泊料金
  • 朝食サービス(コンチネンタルブレックファスト/2名様まで)
  • ワンランク上のお部屋にアップグレード(チェックイン時の空室状況による)
  • 客室内インターネット接続無料
  • 宿泊ホテルでのウェルカムギフト
  • アーリーチェックイン、レイトチェックアウト(チェックイン時または滞在中の状況による)
  • 異なる2軒以上の加盟ホテルに5回滞在ごとに1泊分の無料宿泊クーポンをプレゼント

通常、リーダーズクラブの年会費は150米ドルとなるが、JCBのコンシェルジュデスクを通じて予約をすると年会費が無料になるという。リーダーズクラブ会員の有効期限は1年間のため、1年後には資格の更新が必要だ。しかし、会員期間中に再度コンシェルジュデスクを通じて対象の宿泊予約をすると、更新時も無料にすることが可能となる。

この、リーダーズクラブ会員の特典が付いているクレジットカードとしては、ダイナースクラブ プレミアムカードがある。アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードにも付帯していたが、終了している。

国内のホテルも対象?

ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドは国内にも対象ホテルがある。現時点では「PALACE HOTEL TOKYO」と「IMPERIAL HOTEL, TOKYO」の2箇所のみだが、今回のザ・クラスの特典は「海外ラグジュアリー・ホテル・プラン」の表記があるため、国内ホテルも対象なのかを確認した。

コンシェルジュデスクでリーダーズクラブの特典で予約したいと伝えると、国内のホテルも対象となるようだ。


JCBザ・クラスに、この特典が開始されたのは2016年6月頃のようだ。年会費10万円を超える、ダイナースクラブ プレミアムカードやアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードと同レベルの特典を、年会費5万円(税抜)のJCBザ・クラスや年会費3万円(税抜)のセディナ プラチナカード(JCB)で利用できるというのは正直驚きだ。

ただし、リーダーズクラブの特典は、一応2017年3月31日(金)までの特典とのことで、4月以降も継続するかは現時点では不明となっている。

最近、JCBザ・クラスの特典は追加が多い。心配なのは年会費が上がることだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ブラックカード, プラチナカード
-, , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース