You Are Here: Home » コラム » マイレージ » ANA(全日本空輸) » ANA・JALマイラーのための都税支払い方法 直接クレジットカードでの支払いはNG

ANA・JALマイラーのための都税支払い方法 直接クレジットカードでの支払いはNG

ANA・JALマイラーのための都税支払い方法 直接クレジットカードでの支払いはNG

2015年4月1日(水)より都税の支払いにクレジットカードが利用できると何度か紹介したが、今回はANA・JALマイラーがおトクに都税の支払いをする方法を紹介したい。

都税をnanacoを使わずにクレジットカード決済する時に利用したいのが「au WALLETカード」だ。「au WALLETカード」はMasterCardブランドであるため、都税の支払いは可能となっている。念のためKDDIに確認したが、都税も問題なく支払いは可能との事だった。

つまり、クレジットカードで直接都税を支払うよりも、クレジットカードでチャージした「au WALLETカード」で支払えば、「au WALLETカード」のポイント分おトクということだ。

再度「au WALLETカード」へのチャージについて考えてみよう。「au WALLETカード」は10万円までチャージ可能で、クレジットカードチャージとしてはMasterCardブランドのクレジットカードであればチャージ可能となっている。

現時点で、「au WALLETカード」へのチャージでポイントを付与しないクレジットカードは殆どない。nanacoチャージでポイントが改悪になった「ライフカード」でも、現時点ではMasterCardブランドであればチャージでポイントも獲得可能となっている。

マイラーの場合、JAL・ANAのMasterCardブランドを考えると、「JAL・MasterCard」や「JALカード TOP&ClubQ(MasterCard)」、「ANAマスターカード」、「ANA TOP&ClubQ マスターカード(TOKYU×ANA)」が該当するだろう。チャージ時に1%分のマイルを獲得でき、さらに「au WALLETカード」で支払う時に0.5%のWALLETポイントが獲得できる。

MasterCardでチャージしたau WALLETカードで都税を支払うただし、「au WALLETカード」の入金上限が10万円のため、10万円を超えるような場合はこの手法は使えないので注意が必要だ。

「au WALLETカード」はマイラーでなくても、MasterCardブランドのクレジットカードを利用すると、必ず0.5%分の底上げができるのでおすすめだ。さらに、セブン-イレブンや紀伊國屋書店などの特約店ではWALLETポイントが更に貯まるため、普通にクレジットカードで決済するよりもおトクになる場合が多い。まずは財布にMasterCardブランドのクレジットカードが入っていないかを確認することをおすすめする。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 917

© 2013 ポイ探

Scroll to top