クレジットカード特集 コラム ゴールドカード ブラックカード プラチナカード

MUFGカード ゴールドプレステージ・ゴールド以上のクレジットカード保有者向けの会員誌「partner(パートナー)」とは?

ゴールドカードやプラチナカード等を保有していると、毎月無料の雑誌が送られてくる。一応、雑誌のため有料となっているが、上級カード保有者の場合は無料で送られてくる。それぞれのクレジットカードで送られてくる雑誌の中身を紹介していきたい。

「partner(パートナー)」が無料で送られる会員は?

MUFGカード ゴールドプレステージ・ゴールド会員向けの情報誌となり無料で発行される。ただし、MUFGカード ゴールド会員は対象外だが、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは対象だ。

他のクレジットカード会社の会員誌の場合は購入することも可能だが、partnerの場合は金額が書かれておらず、発売はされていないようだ。

「partner(パートナー)」の内容は?

「食」「旅」「物」をテーマにした情報誌だ。年間8号が発行され、6月号、7・8月号、9月号、10・11月号、12月号、1・2月号、3月号、4・5月号となっている。

他社の会員情報誌と同じような構成で、15ページ程度の特集記事があり、それに続き厳選されたアイテムの紹介、ホテルやレストランの紹介となっている。その他に国内の都市の紹介があり、映画やアートなどの紹介記事が2ページほど続く。全部で75ページ程度となる。

特集記事は2015年10-11月号は「モン・サン=ミッシェル再生」、12月号は「北陸レールトリップ」となっており、海外・国内を別々にではなく、1つの特集となるようだ。

最後に、優待情報やチケット情報、読者プレゼント情報等がある。また、サービス変更なども掲載されている。

「partner(パートナー)」の特徴は?

最後の方には全国百貨店催事情報が掲載されている。全ての百貨店情報をそれぞれ個別に調べなくても良く、この百貨店の催事情報一覧が掲載されているのは、筆者が知るかぎり「partner」のみだ。

また、「THE SPECIAL」として紙のクーポンが毎号付いてくる。例えば、1万円のコースを8,000円になるレストランのクーポンが利用できるなど、決まったお店ではなく新しいお店を探している場合には、非常におトクだろう。

どの会員誌にも言えることだが、必ず最後の特典やキャンペーン情報は確認しておこう。エントリーが必要なキャンペーンがあったり、新サービスなどおトクな情報が掲載されている。例えば、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードで利用できるようになった「relux for Platinum」の紹介などもあり、使い方や特典を確認することができる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード, ブラックカード, プラチナカード
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース