You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » ヒルトンの上級会員「ゴールドVIP会員」を年間7,470円で取る方法とは?

ヒルトンの上級会員「ゴールドVIP会員」を年間7,470円で取る方法とは?

ヒルトンの上級会員「ゴールドVIP会員」を年間7,470円で取る方法とは?

世界中で12のブランド、約4,200軒以上のホテルを有しているヒルトン・ワールドワイド。日本にはヒルトン東京ヒルトン東京ベイヒルトン成田ヒルトン大阪等がある。また、2005年にはコンラッド東京もオープンした。これら、すべてのホテルで利用できるポイントプログラムが「ヒルトンHオナーズ」だ。どのホテルでもポイントを貯め、貯まったポイントで無料宿泊が可能となっている。

Hオナーズポイントとは?

ヒルトンHオーナーズ ポイント&マイルの設定時ヒルトンHオナーズは、ポイントだけを貯める「ポイント&ポイント」と、ポイントとマイルを貯める「ポイント&マイル」の2つのパターンがある。「ポイント&ポイント」の場合は、対象となる支払金額1米ドルにつき10ベースポイント+5ボーナスポイントを獲得できる。一方、「ポイント&マイル」の場合は、ベースポイントは同じで、5ボーナスポイントの代わりに1マイル積算される仕組みだ。マイルをためたい場合は、ログイン後に設定することで貯めることが可能となっている。

ポイント&ポイント ポイント&マイル
ベースポイント 10ポイント
ボーナスポイント・マイル 5ポイント 1マイル

ポイントが貯まりやすいヒルトンだが、今回はポイントプログラムのおトクな貯め方ではなく、会員ランクについて説明したい。

ヒルトンHオナーズの会員ランクとは?

会員ランクとは、宿泊数や獲得ポイント数に応じてランクが上がっていき、受けられるサービスが変わる仕組みだ。ブルー会員、シルバーVIP会員、ゴールドVIP会員、ダイヤモンドVIP会員が存在し、ヒルトンHオナーズに入会直後はブルー会員となる。シルバーVIP会員以降の条件は以下の通りだ。

ブルー会員 シルバー
VIP会員
ゴールド
VIP会員
ダイヤモンド
VIP会員
条件 ヒルトンHオナーズ入会 1年間で4回の滞在
または10泊の滞在
1年間に20回の滞在
または40泊の滞在、
または1年間で75,000 Hオナーズ・ベースポイントの獲得
1年間に30回の滞在
または60泊の滞在、
または1年間で12万 Hオナーズ・ベースポイントの獲得

ゴールドVIP会員になるには、20回の滞在となっているため、1カ月に1回以上の滞在が必要となる。プライベートのみの利用でクリアするのは非常に難しいだろう。

では、これらの会員になった場合にどのような特典を受けられるのだろうか? それぞれの会員ランクで受けられるサービスを比較した。

ブルー会員 シルバー
VIP会員
ゴールド
VIP会員
ダイヤモンド
VIP会員
部屋の希望に沿ったスピーディーな予約&チェックイン
レイト・チェックアウト
エクスプレス・チェックアウト
同行者1名無料宿泊
ボーナスポイント(ベースポイントの) ?─ 15% 25% 50%
フィットネスセンター&ヘルスクラブの無料利用 ?─
1滞在につきミネラルウォーター2本 ?─
24時間前までオンラインチェックイン ?─ ?─
空室状況に応じてプリファードルームへアップグレード ?─
無料のコンチネンタルブレックファースト ?─ ?─
1滞在毎のボーナスポイント ?─ ?─
エグゼクティブフロアラウンジ無料 ?─ ?─ ?─
到着前までの48時間前までの客室保証 ?─ ?─ ?─

?△どちらかの選択

ランクが上がるにつれ、受けられるサービスが増えることがわかるだろう。特に、ゴールドVIP会員からは部屋のアップグレードも期待できる。さらに、コンチネンタルブレックファーストも無料だ。ホテルの朝食は大人の場合2?3,000円程度必要になるため、非常におトクな特典だろう。

ゴールドVIP会員を年間7,470円で取得する方法とは?

この、ゴールドVIP会員になるには、上でも書いたとおりプライベートの宿泊のみで取得するのは非常に難しい。しかし、このゴールドVIP会員を年間7,470円で取得できる方法がある。それは、「ヒルトンHオナーズVISAカード(ゴールドカード)」を保有することだ。

「ヒルトンHオナーズVISAカード」には3種類あり、クラシック、ゴールド、プラチナの3種類存在する。

クラシックカード ゴールドカード プラチナカード
年会費(税込) 本会員 3,195円 13,950円 66,500円
家族会員 594円 1人無料、
2人以降1,080円
無料
ポイント付与率 1,000円毎に10 Hオナーズ・ポイント
ボーナスポイント 入会時 1,000 Hオナーズ・ポイント 2,000 Hオナーズ・ポイント 3,000 Hオナーズ・ポイント
更新時 1,000 Hオナーズ・ポイント 1,000 Hオナーズ・ポイント
宿泊時(最大) 1,000 Hオナーズ・ポイント 2,000 Hオナーズ・ポイント 2,000 Hオナーズ・ポイント
付帯する会員ランク シルバーVIP会員 ゴールドVIP会員 ゴールドVIP会員

この中で重要なのは付帯する会員ランクだ。これは、クレジットカードを保有しているだけで付帯するため、クラシックカードを保有している場合は、1度も宿泊していなくてもシルバーVIP会員となるということだ。また、ゴールドカードの場合も同様で、カードを保有している限りゴールドVIP会員となる。

疑問に思うのはプラチナカードだろう。ゴールドカードよりも年会費が5倍近くアップしているにもかかわらず、自動付帯はゴールドVIP会員だ。ただし、プラチナカード保有の場合は、ダイヤモンドVIP会員の取得が通常よりも楽な条件となっている。なんと、年間120万円以上(年会費や手数料などを除く)クレジットカードを利用するだけでダイヤモンドVIP会員を獲得できるのだ。年会費66,500円を支払う人であれば120万円の利用は全く問題なくクリアできるだろう。

しかし、筆者がおすすめなのは「ヒルトンHオナーズVISAカード(ゴールドカード)」を保有し、ゴールドVIP会員となることだ。上記では年会費が13,950円(税込)と記述したが、実は年会費を下げる方法がある。

三井住友カードの場合はWeb明細に登録することで、ゴールドカードの場合は年会費が1,000円(税抜)割引となる。また、リボ払いのマイ・ペイすリボに登録・利用することで5,000円(税抜)割引となる。この割引制度は併用することが可能となるため、年会費が6,000円(税抜)割引となるということだ。つまり、消費税が8%の場合は、13,950円?6,480円=7,470円(税込)。この年会費割引制度についてはプラチナカードは対象外となっている。そのため、「ヒルトンHオナーズVISAカード(ゴールドカード)」が一番コストパフォーマンスが良いカードということだ。

7,470円の年会費でも高いと感じる人もいるかもしれないが、朝食が無料になったり、部屋のアップグレードを期待できる事を考えると、年に1回でもヒルトン系のホテルに宿泊するのであれば十分元が取れるだろう。さらに、「ヒルトンHオナーズVISAカード(ゴールドカード)」の家族カードは1人目までは無料となっているため、夫婦で保有しても年会費がアップすることはない。

次回は、実際にヒルトンHオナーズの会員になり、「ヒルトンHオナーズVISAカード(ゴールドカード)」を申し込んで、ゴールドVIP会員資格を獲得できるまでを紹介する。また、年会費の割引設定も解説し、実際に年会費が割り引かれるところまで確認したい

第1回 ヒルトンの上級会員「ゴールドVIP会員」を年間7,470円で取る方法とは?
第2回 ヒルトンの上級会員「ゴールドVIP会員」を年間7,470円で取る方法とは? カード到着後にサインよりも先にリボ設定を忘れずに
第3回 ヒルトンの上級会員、ゴールドVIPの特典は本当におトク? 部屋のアップグレード、朝食付き等の特典を実体験レポート

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 918

© 2013 ポイ探

Scroll to top