クレジットカードの投信積立の運用状況を大公開! 2022年にはじめた積み立てはマイナスも、トータルでは100万円超の含み益!

クレジットカード特集 コラム

クレジットカードの投信積立の運用状況を大公開! 2022年にはじめた積み立てはマイナスも、トータルでは100万円超の含み益!

クレジットカードでの投信積立サービスが増えており、基本的には全て投資して確認するようにしている。

今回は、2023年1月19日(木)時点での、筆者が実際に利用しているクレジットカードによる投資信託の運用状況を公開したい。

証券口座+クレジットカード 投資額 含み益(含み損) 評価額
tsumiki証券+エポスカード 2,614,000円 +634,917円 3,248,917円
楽天証券+楽天カード(楽天キャッシュ) 2,254,988円 +160,305円 2,415,293円
セゾンポケット+セゾンカード 1,841,276円 +310,404円 2,151,680円
SBI証券+タカシマヤカード 1,450,213円 +183,253円 1,633,466円
SBI証券+三井住友カード(パートナー) 900,000円 +6,573円 906,573円
auカブコム証券+au PAYカード 450,026円 -30,104円 419,922円
マネックス証券+マネックスカード 502,247円 -12,304円 489,943円
THEO+docomo+dカード 301,228円 +31,630円 332,858円
WealthNavi for AEON CARD+イオンカード 400,000円 -6,670円 393,330円
合計 10,713,978円 1,278,004円 11,991,982円

tsumiki証券や楽天証券、セゾンポケット、SBI証券が大きくプラスになっているのは、長い間積み立てしているためだろう。

一方、サービス開始が比較的新しい、auカブコム証券やマネックス証券、WealthNavi for AEON CARDはマイナスとなっているが、2022年は株価が下落しているため、下がるのは不思議でもない。

なお、THEO+docomoも比較的新しいサービスだが、積み立ての開始前から18万円ほど保有しており、その分も含まれる(分離できない)ためプラスとなっているが、おそらくdカードでの積み立て分のみを確認できればマイナスになるのではないだろうか。

最近は株価が下がっている状況でも、長い間運用しているため、トータルでは約128万円のプラスとなっている。

表中の含み益や含み損には獲得したポイントは入っていない。クレジットカードによる投信積立の場合、別途ポイントを獲得することができ、そのポイント分も入れるとさらに含み益はプラスになる。

今後も、定期的にクレジットカードによる投信積立の運用状況を公開していきたい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , , , , , , , , , , ,

© 2023 ポイ探ニュース