You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 楽天証券で楽天カードを使って1年積み立てしてみた! 1年後の運用実績は?

楽天証券で楽天カードを使って1年積み立てしてみた! 1年後の運用実績は?

楽天証券で楽天カードを使って1年積み立てしてみた! 1年後の運用実績は?

楽天証券の投資信託を楽天カードで積み立てた実績公開!

楽天証券では、2018年10月28日(日)より楽天カードで投資信託を積み立てられるサービスが開始した。

既に、クレジットカードで投資信託を積み立てられるサービスとしてtsumiki証券があるが、楽天証券でも楽天カードからの積立投資が開始したため、実際の積立開始から1年経過した運用実績などを紹介したい。

2018年12月から楽天カードによる運用が開始し、12月時点で5万円×12=60万円の積立が行われている。積み立てている投資信託は「楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))」だ。

2019年12月2日(月)時点で評価額が750,615円となっている。

なお、楽天カードによる1年間の積立額5万円×12=60万円の積立で750,615円と言う事ではなく、筆者は2017年10月以降楽天スーパーポイントでの投資信託購入も行っており71,550円分が別途ポイントによるものとなる。

積立額は合計671,550円のため、含み益は79,065円。運用実績としては非常に良い。

楽天カード積立でのメリットはポイントが貯まる事!

楽天証券での楽天カードによる積立でのメリットは、なんと言っても1%分の楽天スーパーポイントを獲得できる点だ。2019年11月分の楽天カード利用分は投信積立分を含む7万円。

この7万円に対して1%分の楽天スーパーポイントを獲得できる。実際に利用明細を確認すると700ポイント獲得できている事がわかる。

tsumiki証券も2019年11月に開始したセゾンポケットも投資信託購入分に対してのクレジットカードポイントは貯まらないが、楽天カードの場合は投資信託の買付金額に対してもポイントを獲得できるのがメリットだろう。

さらに、楽天カード利用分の楽天スーパーポイントは通常ポイントのため、再度投資信託を購入することが可能だ。

楽天銀行のハッピープログラムでさらにポイントアップ!

楽天証券と楽天銀行を「マネーブリッジ」で連携し、「楽天銀行ハッピープログラム」にエントリーすると、投資信託の平均保有残高に対して10万円につき4ポイント獲得できるサービスもある。

ハッピープログラムのポイントは対象月の翌々月2日に付与されるため、2019年12月2日(月)時点で24ポイント獲得できていると言う事は、2019年10月分の平均保有残高が60万円~70万円未満だったと言う事だろう。

このハッピープログラムでのポイントも通常ポイントとなるため、再度楽天証券でポイントによる買付ができる。上記の119ポイントは24ポイント分も利用して、再度投資信託を購入していると言う事だ。

ポイント投資と楽天銀行からのカード利用料引き落としでSPUも+2倍に

なお、楽天証券で500円分以上のポイント投資をすると楽天市場でのポイントが+1倍になる。

さらに、楽天カードの引き落とし口座に楽天銀行を設定すると、楽天市場でのポイントが+1倍だ。

なお、+1倍で同じ金額になっていないのは、対象月が異なるためだろう。

SPUのポイントは期間限定ポイントとなるため楽天証券でのポイント投資に使う事はできないが、楽天ペイ(アプリ決済)などで消費すると良いだろう。

ポイントで再投資できる循環が最強!

筆者は投資センスはないため、投資信託の積立投資があっていると感じている。老後2,000万円問題などもあり、カード会社も積立投資サービスを開始していくだろう。

楽天証券+楽天カード+楽天銀行を使い、投資でもポイントを貯め、通常ポイントは再投資、期間限定ポイントは楽天グループで利用するのが現時点では最強の組み合わせではないだろうか。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 971

© 2013 ポイ探

Scroll to top