楽天カードの「街でのご利用分がポイント2倍」は「街」での利用が2倍? 楽天キャッシュでの投資分も2倍の対象?

クレジットカード特集 コラム 共通ポイント

楽天カードの「街でのご利用分がポイント2倍」は「街」での利用が2倍? 楽天キャッシュでの投信積み立ては+1%還元?

楽天カードには、街ナカで利用すると楽天ポイントが2倍たまる特典がある。通常の還元率が1%であるため、2%還元カードとして利用できておトクだ。

ただし、以下の3つの条件をクリアする必要がある。

  • 毎月エントリーが必要
  • 期間中に楽天市場で合計20,000円(税込み)以上カードショッピング
  • 翌月の支払いに遅れがない

上記をクリアした場合、街ナカでの楽天カード利用分がポイント2倍となるが、上限は1,000ポイントまで。つまり、街での100,000円の利用分までが対象だ。

先日、ポイント明細を確認していたところ「【毎月開催】楽天市場で楽天カードをご利用の方 街でのご利用分がポイント2倍!(2022年9月実施分)」として617ポイント獲得できていた。

「楽天市場で楽天カードをご利用の方 街でのご利用分がポイント2倍」キャンペーン

「楽天市場で楽天カードをご利用の方 街でのご利用分がポイント2倍」キャンペーン

617ポイントと言う事は、61,700円程度を利用した事になる。筆者は街ナカで、それほど楽天カードは使っていないはずだ。

楽天カードのe-NAVIで9月利用分を確認したところ、ふるさと納税で54,000円の利用がある。20,000円(税込み)を超えるため、街ナカでの利用分が+1倍となる。

しかし、それ以外の利用は楽天証券での楽天カードによる積み立て投資で49,960円、楽天キャッシュ・チャージで61,732円。つまり、楽天キャッシュ・チャージ分の617ポイントが+1倍の正体だろう。

確かに、楽天キャッシュの残高キープチャージで楽天カードが利用されているが、61,732円のうち、50,000円は楽天証券で楽天キャッシュによる積み立て投資された金額となる。

楽天キャッシュで残高キープチャージが発動! 5万円の残高がキープされた!
楽天キャッシュで残高キープチャージが発動! 通常のオートチャージと残高キープチャージの違いは?

楽天キャッシュでは、楽天証券での投資信託の積立投資サービス開始に伴い、2022年6月19日(日)より、「残高キープチャージ」サービスが開始している。 残高キープチャージは、楽天証券で楽天キャッシュによ ...

続きを見る

楽天カード⇒楽天キャッシュで0.5%の楽天ポイントを獲得でき、街ナカ利用分(残高キープチャージ)で+1%還元であれば投信積み立ての還元率が1.5%となり、楽天証券で楽天キャッシュでの積み立て投資はおトクだ。

楽天カード基本情報

クレジットカード名称 楽天カード
年会費 本会員 無料
家族会員 無料
入会の目安 高校生を除く18歳以上
ポイント 名称 楽天ポイント
ポイント付与数 月間利用額に対して100円(税込み)につき1ポイント
(公共料金など一部例外あり)
有効期限 ポイントが付与された月の翌年同月の前月末日
(期間限定ポイントは対象外)
利用方法 楽天グループでの利用、利用代金に充当、マイルなどに交換
特徴 ・楽天市場でいつでもポイント3倍
・楽天カードポイントプラスの加盟店でポイントアップ
・楽天証券での投信積立で利用可能
・2枚目の楽天カードも作成できる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, 共通ポイント
-, , ,

© 2023 ポイ探ニュース